kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS
この花な〜〜〜んだ?
シグマの明るいレンズが欲しい〜が5万円(汗)。今のマクロのように頻繁に使うなら買う価値があるとはいえ、ズームじゃないと自分が動かないといけないので、マクロでさえムキョ〜〜〜!!!な時がある。単焦点って私は面倒くさくなって使わなくなってしまいそう(汗)。
しかし諦めきれず探していたらOLYMPUSのデジタルではなくフイルム時のレンズに明るいものがあった。中古F1.4で1万円ほど。勿論そのままは使えないのでマウントアダプターを付ける事になる。何時か使うかもと思い、カメラ購入の特典でマウントアダプターを手に入れていたから手元にある。ただ、一番のネックはオートフォーカスが効かない(^^;)。これは目の悪い人間にとってピント合わせを自分の目でやらねばならなくなるのは…相当キツ過ぎる。デジタルの恩恵にぶ〜らぶらとナマケモノ状態でぶら下がりながら写真を撮っている私に……無理な話(汗)。

花菖蒲撮りに行きたいなー。
今年も……花公園のとある特典が開催される!花菖蒲はまだ満開ではないので、こっちの写真を撮りに行こうかな。
以下、おお!と自分で気に入った写真。オモロいっす!
ん?と気になる方はぽちっとな!でご覧下れ。
●この花な〜〜〜んだ?

マクロはいい、うん。風景は私的にタハハハだが(^^;)。
上記の花の名前が分かった方は、詳しいんだろうなぁ。実の方は誰でも直ぐ分かるけれど(丸くて袋に入ったもので、お盆頃よく見る)、花はそうそう見ないと思う。私もこういう花だったとは全く知らなかった。
マクロなので相当に大きく撮っているから、実に色々面白いなぁと思うんだけど。

話かわり、本を買った。
『旨い魚を食べに行く!九州の港町食堂』という地方色豊かなローカルな本。気に入っている『博多魚がし』も載っていた♪ムカついた『筑前あしや海の駅』も(私が食べたイカが本に書いてある通りあしやんいかというヤリイカであるなら、店で扱っているイカは相当にマズいという事だと思うのだが(--)。思い出すだけでも怒りが)。
宮地獄神社に行った際は帰りに魚を食べて帰ろう。志賀島にも行きたいなぁ。
まぁ……店の当たりハズレは人それぞれの好みもあると思うので、仕方が無いんだけどね〜。

生活するなら山の方がいいけど、宿に泊まるなら山より海沿いの方がいいなぁ(笑)。
また寄……を思い出してしまったが(滝汗)、刺身旨いんだよ……。
| [有趣]デジカメcomments(0) | by  よるのかに
フォトブックが出来た!
ブラウザによっても微妙に見え方が違うと思うのですが、タイトルと日付部分が重なっていたようなので、HTMLとCSSを修正しました。
もしもまた重なって見えない等ありましたら、教えていただけると助かります。

昨日書くのをすっかりと忘れていたんですが、「フォトブック1冊無料作成券」のフォトブックが出来上がっていたようなので店に受取りに行ってきました。
全然〜期待もしていなくて、まぁタダだしどういう出来上がりなのか見てみるか〜という適当な気持ちで出来上がったフォトブックを見てビックリ!
何というか……フツーの本のとじ方とは違っていて、簡易でよくやる裏表を張り合わせた状態になっていて、開く度にミシミシと音はしますが、仕上がりはかなり綺麗です。
Macのモニタで見る色とほぼ同じ明るい仕上がりになっていて、これならお金(121mmx121mm 16ページより¥1,280円〜)を出して作ってもいいかも!と正直なところ思ったのでした。
高級ぽさには欠けていると思うし、更に店先で扱うソフトが使い難くて面倒というネックな部分も有るのですが、色鮮やかさがそのまま残るので、ちょっとした子供さんの写真を小さな1冊のアルバムにまとめたりするには紙焼きのプリントよりも遥かにお洒落でいいかもしれませんね〜。店頭に見本が飾ってるのを見てもイマイチぴんとこなかったのですが、自分が作った現物を見て相当に驚いたのでした。
「何となくパッ!と見た感じはプロが写しているみたいやん!」と思ったのでした(笑)。いえ、けっして私の腕がいいという事ではなくて(^^;)、仕上がりでこうも違って見えるのか〜!としみじみ思ったのです。
私が作ったのは、カメラのキタムラ『フォトブック プレミアムタイプ ベーシック』というものです。
気になる方は、自分の目で確かめてみて、やってみるといいかも(^^)。
しかしフォトブックはあれだけ鮮やかに仕上がって来たのに、デジカメプリント(印画紙焼き)は暗〜くてイマイチですね〜。私はやはりプリントして楽しむ気持ちはもうないかな(--)。ファイルで保管するのが一番です。

さて、寝よー!
| [有趣]デジカメcomments(0) | by  よるのかに
キターーー!
キターーー!マクロレンズー!
店に受取りに行ったら顔を見て即商品を出してくれた(笑)。
そこのお店ではOLYMPUSを使う人(買う人という事だろう)少ないんだってー。OLYMPUS……そうなんだぁ。私は好きだなー♪次買う時もOLYMPUSがいいな。
取付け部分がイマイチカタいんだけど……こんなもんなのか?
早速練習。どんなもんかなー。
さて、以下の写真は何を写したものでしょう(^^)?
写真をぽちっとな!で、全部大きくなります!










20分もかけていないので適当過ぎて恥ずかしいけど……嬉しかったのだ!面白いな……。花は動くからピントが合わせ難くて撮るの難しい(--)。慣れないとボケボケまくりになりそう(汗)。
レンズがズームする為に動いている〜!おお(コンパクトデジカメはそうなんだけど)!何時も自分で動かすので、あれ?と驚いてしまった。
さすが3.5だけあって明るい〜!

『三国志4』を読みつつ……龐統(ほうとう)こと鳳雛先生がお亡くなりに(泣)。私好きだなー。シナノアニメの鳳雛先生が一番好きだけど。このアニメの中ではことごとくに憎めるような人物は居ないのだが(笑)、鳳雛先生は特に親しみのある愛嬌たっぷりな人物として描かれているのが何ともいいなぁと思う。
長生きして欲しかったなー。この方が生きていたら関羽将軍が荊州で亡くなることはなかったと思うと非常に切ない気持ちになる。
世の中というものはままならないものだと思い知る。
| [有趣]デジカメcomments(0) | by  よるのかに
楽しみだ〜〜〜♪
オークションを見ていて……ふと、私の部屋の押入れの中に眠っているアニメグッズは少し位値打ちがあるモノ達なのか?と思いつつ見ていたら、レア性0%に近かったよーな(笑)。こうなってみると、大切に保管するよりポスターはポスターで貼ってみるとか、ノートやメモ帳は実際に使って“その刻”を楽しんだ方がうんとよかったような気もするが、当時は使う事よりも後生大事に綺麗なまま持っている事を楽しんだのだ。
昔〜〜〜はアニメのグッズなんてなかなか何処にも置いていなかったので、その頃のお盆と正月に福岡市や北九州市にあるアニメグッズのお店に連れて行ってもらうのが自分の中での人生最大イベントで楽しみだった。
今やTVは32型や47型が主流で記録するのにはHDD付ブルーレイレコーダーが量販店に並ぶ。リアルタイムに放映されているものを見損ねると次は何時になるか分からない時代は意地でもその時間TVの前にかじりついてでも見なければならなかった。今のような利便性に富んだ時代ではなかったが、だからこそハプニングや楽しい思い出も多かったかも。

先日も触れたけど、記録媒体が加速して変わりつつある。磁気テープも光ディスクに圧されて姿を消しつつある昨今に、光ディスクが万能という事では無いというのも妙に笑える。中に入っている情報は現代の暮らしの中でこそ活きているのであって、長期保存には適していないと見る方がいいのだろう。写真もアナログのフィルムの方が長持ちするんだよねー。

と思いつつも、今日やっとZUIKO DIGITAL 35mmF3.5 Macroのレンズとフィルターをネットで注文した。凄い悩みまくって(笑)。遠出出来ない分レンズを買って近場を写して楽しもうと!
昼にカメラ屋に行って尋ねたのだ。ネットで¥1,000値上がりしているから、店だと幾ら?と聞いたら、調べてくれたけどネットの方が安かった。で、保護用のフィルターも欲しかったのでケラレない品を聞いた。同じ物でもやはりネットの方が安かったので、家に戻ってからネットでレンズと一緒に注文。¥1,000高い!と思っていたが、フィルター分が¥500安くなったのでまぁその位ならいいか……と納得。店員さんは「マクロにフィルター付けるんですか?」と言うのだが……保護だから、あくまで。近くまで近寄れるのでぶつける可能性があるのだ、私はそそっかしいから。レンズに傷を入れたら立ち直れないと思うから用心の為。
カメラを下取りに出すと¥3,000引きなので全額で¥26,000程。カメラ屋だと長期の保証がつけられるのが良い。もっと安い金額ならばAmazonがある。少しでも安い方がいいにきまっているが、私は前のコンパクトデジカメやFAXの修理の際にサポートは近くでないと面倒で大変だと身にしみたので、その事も考えて近くのカメラ屋を選んだ(受取りは店頭)。
そこで、下取りに出すカメラはフィルムのコンパクトカメラに白羽の矢が立った。コンパクト過ぎて安定感が無くよくブレて使い難かった記憶があるカメラでいつの間にか使わなくなってそのまま……。12〜13年前の頃まではそれがフツーだったんだよなー。スマン〜カメラ(--)。

写真の授業で撮った時のポジフィルムがまだ残っているが、その時に使ったカメラは父親の物で良いカメラだった一眼レフではなかったが、たぶん今でいうところのハイエンドみたいなタイプのカメラだったんだろうな。ふと懐かしくなってポジフィルムを引っ張り出して見たら、ネオンが奇麗に撮れていて驚き(^^;)。これどうやって撮ったんだろう?当時の映画館や何故かうどんを打っている職人さんとかスパゲティとか撮ってる(笑)。今の私から見たら、その頃の方が斬新かもなー。ただ現実は厳しく私の写真の授業の点数はクラス中最低のビリだった(爆笑)。だからスナップで満足で花を撮りたいと思った事さえなかった。
アナログとデジタルは別物だと私は思う。私はアナログのままだったらデジタルの一眼レフを買う事はなかったと思う。フィルムはとにかく難しいから。時代が変わる事によっての恩恵もあるという事なのだろうか。

いやは〜〜〜マクロレンズ楽しみだ〜〜〜♪
フラッシュもホント、練習しないとなぁ(--;)。取付け方さえ本を見ないともう完全に忘却の彼方〜〜〜。
| [有趣]デジカメcomments(2) | by  よるのかに
外部フラッシュ
今日外部フラッシュが届きました。わ〜い!
という事で夕方にぽぽの散歩後に(行きに散歩させないとひゅい〜んひゅい〜んと鳴き続けるので(--))行った後にニッケル水素電池とカメラ用除湿剤を買いに行きました。電池はフラッシュ用です。除湿剤はですね〜、強風に飛ばされて屋根に乗っかってしまいまして(汗)。何とか熊手で抄いあげて取れたのですが、思いっきりホコリにまみれてしまって、買い直す事にしたのでした。
捨てるのは勿体ないのでDVDの保管している中に入れようかな。
去年虫騒ぎに遭っているので、精密な機械と一緒に黄砂まみれに微生物がくっついているであろうモノをカメラと一緒に入れ続けるのは怖いなぁと(--;)。カバンの方も入れていますが、やはり密封出来ないので直ぐ再生サインが出ます。天日干しで再利用出来る方が便利なのか?フツーの除湿剤の方がいいのか?は値段も違いますし個人の好みの問題のような気もしますが、再生出来る方が夏は便利かな?エコっぽいといえば、再生出来る方がいいのかなぁ。

早速に外部フラッシュをもちもちぴろー父子をモデルに試してみました。autoで撮っただけですが、違います〜、面白いです。ISO100で撮っています。
調べていたら「バウンス撮影」って、壁に色がついているとその色の影響が出てしまうので、その点は気をつけないといけないようですね〜(^^;)。有難い事に私の部屋の壁も天井も白いので部屋で撮る場合はラッキーかも〜。
色々な使い方はありそうですが……説明書読んでいたけど……まだ何が何だか意味不明です(汗)。ぽつぽつと覚えようと思います。

--- 正面 ---


--- 上面 ---


--- 左横面 ---
| [有趣]デジカメcomments(0) | by  よるのかに
カメラの保管方法
今日、買った所にカメラを持って行きました。
虫が居る事情を説明したら「まさか鞄の中に後生大事に保管しているといいませんよね?」「そうです」「それが原因です」と速攻で言われました。保管庫に入れるのが最適とは知っていても買うまでは至らないし、私が買った際に保管はどうしたらいいか聞いた時は入れ物を変えるとか教えてくれなかったんだけど(他の店員さんだったし)。ホント思うけど、詳しい事を知っている人に当たったら色々教えてくれるけど、注意した方がいい留意点等はよほど自分から聞かない限りは言ってくれない。仕方がないと言えばそうなんだけど。←とっても言い訳。

「でも気がついてよかったですね。虫は何時か死にますが、糞等からカビが発生して取り返しのつかない事になるケースがあるんですよ。出来るだけ早めに対処した方がいいんです」

これを読んでいる方で私の様に鞄の中に後生大事に入れている方がいたら(こんな情けない事をしているのは私くらいのもんだと思うけど)、今直ぐ止めて下さい。私の様になる可能性が大というか……虫が湧くのはこの時期だったら3〜5日あれば直ぐに発生するそうですので、もしかして気がつかないうちに既に虫がいるかもしれません(同じ様にやっていた場合の話ですが)。

という事で、簡易的な保管の仕方を聞いて来ました。
要は簡単で、絶対に鞄の中に入れて保管しない。完全に口が密封出来るタッパの様な入れ物に、乾燥剤を入れておく。ただそれだけで十分に違うそうです。
鞄は必ず虫干しをマメに行う事。
どうしても手で扱うと汗や汚れ等がカメラに付着して、程よい湿気などでスポンジ部分等に直ぐ湧くんだそう………恐ろしい。時々鞄は虫干ししていたけど、時々では足りないんだそうです。

もうひとつは、虫とは関係ないけど車にずっと乗せっぱなしにしないようにと教えてもらいました。精密機械で車の振動がひたすら続いたままだと、カメラはその影響をモロに受けるそうです。
私は乗せっぱなしはしてないけど、気を遣う機械であると言う事を今回マジマジと思い知らされたのでした。きっと乗せっぱなしの放りっぱなしと思われたんだろうなー(--)。そういう事ないんだけどなー。←とっても言い訳。
あ、それと、これは別のトコロで知ったんだけど、乾燥剤は何でもいいというわけでもないらしく、きちんとカメラ用として売られているモノがやはりいいようです。

次から次に新しいモノを買い替えれる身分ではないので、今有る物を大切に使わないと長持ちしたくても出来なくなっちゃいますね。
写真云々の以前に“E-510に虫を湧かせた恥ずかしい奴”として呆れられても仕方がないけど、いい勉強になりましたよ。

話かわり、今日は病院で検査の為に採血する事になっていたのです。私の血管は細いので下手な人に当たるととんでもない事になります。やる人も迷惑かもしれないけど、こればかりは自分で治しようがないのでどうしようもありません。
で、採血してくれた看護師さんが………プスっと刺したのはいいけど、何時までも「入らない」と自分ひとりであれこれブツブツ呟いているウチに痛いというより刺された周辺が非常に気持ち悪くなって耐えられなくなり「気持ち悪いから抜いて下さい!」と言ったので慌てて抜いたのでした。更に次は手の甲にしようとしたので「止めて下さい!ムチャクチャ痛いのに!」と完全拒否。仕方がないのでもう片方の手にトライする事になって(普通両方の手をやってから手の甲だと思う)、今度はスムーズに入って採血は直ぐに終わりましたが………色んなところで採血したけど、こんなにも刺した部分が気持ち悪かった事は生まれて初めてです。色々といいわけをいっていたけど、採血が思いっきり下手なこの看護師には二度と当たりたくないです。採血する人も経験を積まないと上手くならないとは思うけど、今日私が受けた状態を自分が味わったらきっと私と同じ事を思う筈です。私は大概の痛みは辛抱する方なので、辛抱出来ないというのは余程です。
何故に手の甲の採血を嫌がるのかというと、今から手術!という事で手術台に乗せられ口には酸素マスクがはめられた後に全身麻酔を打たれたのが手首で、その時事前に飲んでいた薬で既に意識がもうろうとしていたのにも関わらず、余りの痛さに突然手術台の上で飛び起きて外そうと暴れ回り周囲の人達から取り押さえられながら麻酔が効いて眠りにおちて………
という経験だったので、もう二度と腕以外は何が何でもイヤなのです。思い出すだけでもゾッときます。手の甲や手首でダメな場合は足なんですよね(--)。病と闘う人にとって採血(注射針を刺す事)は絶対に必要なものであるのだから、そういう点配慮して欲しいと思いますよ………切実に。

うーーーん、地獄に堕ちて地獄の責め苦をずっと延々と味わっていくような次の人生は送りたくないですね〜。痛いのは身体に良くないです。
| [有趣]デジカメcomments(0) | by  よるのかに
カメラが………ガーン。
最近むくっ!と早く起きれるので(やはりぐっすり眠れているんだなぁ)、今日は朝近くの蓮畑に蓮を写しに出掛けました。畑の持ち主の方と自宅入口でバッタリ会ったので「好きなだけ撮っていいよ〜」と了解を得たので、又再度挑戦するつもりです。
今年は蓮畑の周囲は草が刈ってあった〜!かなり嬉しかった!
私が写した咲き始めの蓮は小振りでしたが、いつも見上げて撮るので今回は覗き込んで撮る事が出来ました。
で、途中で写しつつ………異様なものがファインダーに1匹蠢いているのが見えました。何だ?でも写真には直接写り込んではいません。そうするうちに2匹に。ひゃぁぁぁ!ダニやんこれ!真っ青。その後姿は全く見えないのだけど、チョー不安になって詳しい知人に尋ねたら「内部清掃を依頼してください」という返事が。ガーーーン!イヤな予感がしたけど、やっぱり出さないといけないのね(汗)。という事で、明日サービスセンターと買った所に尋ねてみなければ。まさかカメラの中に入る等想像もしていなかったけど、E-510は防塵設計ではないので、わずかな隙間からゴミなどの侵入は有り得るそう。………パタっ。どうにしても、どの位かはしばしお別れしないといけない模様。何だかホコリで出すんじゃなくてダニというのが情けない(汗)。
今年に入ってハウスダストアレルギーに悩まされやっと治って次は犬のマダニの恐怖、で今度はカメラ(泣)。涙出そう。何処かにぶつけたとか落としたとか壊れたわけではないのでまぁいいか、と思えると言えば思えるけど。
でもこれで二度有る事は三度有るが消える。
以前ダニのせいで虫嫌いになり、自分の直ぐ傍で蠢いているのかと思うと気持ち悪くて変になりそうになった事がある。生きて行く上で絶対傍に居る生き物なので避けられないとはいえ、いい気分にはなれないなぁ。
月曜日に平戸に行きたいんだが、明日明後日出したら写せなくなってしまう(--;)。

キモい話(汗)のラストは今日写して来た蓮で爽やかに………。


| [有趣]デジカメcomments(0) | by  よるのかに
CFメモリーカード
がーーーん、昨日の写真のもみじは天空に貼っていた!完全にボケている(--;)。他にも意味不明な文章が………。いやこれは何時もの事だけど(汗)。

今日は特売日だったので………CFメモリーカードを買いに走った!無くなっているのでは(汗)と思ったら、まだ在庫がたんまりあった。
チラシにはSilicon Powerの写真だったけど、店に置いてあったのはPQIで同じ120倍速の4GB¥2,980。さっき価格.comを見ていたら、全く同じもので¥2,590てところがある!凄過ぎ。でもこういうのって、ネットで購入して何事もなかったらラッキーだけど、問題があった時がややこしいんだよね(--;)。
E-510の本の中で、CFメモリーカードとカメラとの相性順位が書いて有り、PQIは順位は低いけれど載っていたのを覚えていたのでこれはラッキー!と速購入♪。高速になる程処理が早くなるから120倍速は遅い?と思ったけど、使ってみたら今まで使っていた133倍速とはほとんど変わらない感じ。連写する際はもっと高速でないと処理等困るんだろうけど、今のトコロ私は使わないしな。これからはCFメモリーカード等もっと安くなるんだろうな。
RAWで2GB+4GB=約350枚が撮れたら今のトコロは十分かな。デュアルスロットなのでxDピクチャーカードの1GBが非常用。これは記録も遅いし使い勝手が悪いけど、これでないとパノラマに出来ないので、その為にもあった方がいざという時便利。全部で計400枚程は撮れるようになったという事になる!そう、雲仙へ行く為の準備なのだ〜(笑)!撮りたいのに容量がなくなってしまったら切ないもんね。
以前はスマートメディアの128MBを使って写真を撮っていたので(401コンパクトカメラはいまだにそう)、格段の進歩を感じるし、一眼レフを持っているというだけで凄く撮る幅が広がった事に感謝している。
カードリーダーも128MBを買った時に購入した物なので、CFメモリーカードもxDピクチャーカードもそのまま使えている。確かもうスマートメディアは生産中止で売っていない……ハズ。この先使えなくなったらそれまで、なんだけど、データが消える事も一度もなくて、よく保ったと思う。私のスマートメディアは使う頻度は少なくてもまだまだ現役。
あーーー!そういえば、カメラ本体のファームウェア アップデートをやってない。何となく気が引けてそのままだったんだが、上げないとヤバいなぁ(汗)。色々機能が向上しているのに!

全然関係ないけど、CanonのEOS Kiss X2のTVのCMいいな〜〜〜。よく出来ている。コドモにキッス。うーーーん、どれも凄く微笑ましい!

そういえば、附属ソフトOLYMPUS Master 2には撮ったものをフォルダごとに直ぐスライドショーでモニタ画面一杯で見る事が出来る。使い勝手はイマイチでも細部まで直ぐ見れるのは便利。作業効率は悲惨でもさすがにカメラメーカーのソフトなので色がとても鮮明で綺麗。
iPhotoも見たいモノを選択すればスライドショー自体に色々加工まで出来るのでオシャレだけど、時間を掛けてまで作って見たいとは思わないからなぁ。iPhotoはソフト上で表示される色も全然違う上に何故かボケていて(汗)、このソフト上での判断はとても難しい。メモリーカード→カードリーダー→iPhoto(Mac)への取込みなのでどうしても今までは利用していたけど、RAWには対応していないので必然的にOLYMPUS Master 2を使うようになってしまった。
どっちにしてもMacなので最後にプロファイルの変更をしなければならないので(^^;)、ネット上でアップする際には面倒な作業を追加しなければならないけど、仕方がない。理由が分かって回避出来る方法が見つかっただけでもよかった。
話が外れたけど、モニタ画面一杯のスライドショーで撮った写真を見ていたら、下手の横好きでもカッコ良く写っているように見えるんだよね〜。画像が大きいという事はそれだけの迫力も有るという事なんだなぁと実感。

明日は朝のウチに藤を撮りに行こう!八重の藤が撮りたい。綺麗なのです。もうひとつ教えてもらった藤棚にも行ってみよう。こっちはどうかなーーー、開花はまだ遅い様な気もするんだけどなー。

気がついたら、般若心経(CDの曲)が始まってしまった。もうすぐ丑三つ時に流れるとちとブキミかも(汗)。ささ、寝よう。
| [有趣]デジカメcomments(0) | by  よるのかに
その瞬間
明日は晴れるみたいだから何処かに出掛けようかのう。

「その瞬間」を捉えるのは難しいんだよね………私には。
たったそれだけの事かもしれないけど、それが難しいので、考えずにひたすら撮っている。答えが出ようが出まいが、自分が撮りたい被写体があったらそれでいいと思いながら。
でも写真にも絵にも全て写した人間の人となりが出て来るんだよね〜。私の絵や写真はどういう風に見てもらえているのかは分からないケド(^^;)。
しっかりと書くのを忘れていたけど、家の花の写真や周辺のたんぼの写真を飾っております。お暇な方は見ていただければと。少しずつ増やして行きます〜。
●よるのかに之家週邊

人間撮りたいんだけど、大きい顔のまま誰と分かるような写真は載せられないので、結局花や風景になってしまうのでありました。
なので、今年は頑張る。ぽつぽつと祭に出掛けて躍動感を写す(笑)!これなら堂々と撮れるであろう!かっちょいい人間が撮れたらいいなぁ(思えばまともに人を撮った事がない(^^;))。
そうそう、今のトコロ私の最大の関心はGW明けに雲仙!ミヤマキリシマ〜〜〜!それまでには記録メディアを買わないとなぁ。RAWで撮る喜びを今ヒシヒシと感じている。

さて、寝よ。
| [有趣]デジカメcomments(0) | by  よるのかに
アイカップとストラップと黄砂
今日OLYMPUSオンラインショップで頼んだ視度補正アイカップ(マイナス補正拡張用)と本革ダークブラウンのショルダーストラップが届きました。
早速アイカップを取り付けてみる〜〜〜ん♪
がーーーーーーーん!!!なんじゃこりゃぁぁぁ!
今までより更に小さく見える(--;)。私の場合目が悪いのでまるっきし焦点が合いません。画面がねじれて見えるので気分が悪くなって限りなーーーく見難い(-"-)。
これ間違いなく近視用と書いてあるから、私は間違って注文したわけではない。
こんなん付けてファインダー覗いてピント合わせて写真が撮れるかぁぁぁ!と激怒した。
納得いかないのでOLYMPUSオンラインショップのサポートに電話してみる。保留で待たされまくり。でもその間、OLYMPUSのCMで真田広之さんが出て居るシーンで使われている音楽が流れていて、微妙に心が和む私は何か変!と思いながら………やっぱり和んでいた。
結局カスタマーサポートに聞いてくれと言われ、電話をかけてみるもののカスタマーサポートが集中してて繋がらないのはどこも・いつもの事。仕方がないのでメールで尋ねる事にした。これは間違いなく近視用のアイカップですか?と。
きっとこんな作りなので………と返信が返って来るだろうけど、折角買って袋を開けた為に返品も出来ず全然使えないという私の気持ちは全く晴れないし、ムカついたままなので、せめてその問いにはきちんと答えてもらおうではないか!それでもう、スッパリと諦めるし。
本革ダークブラウンのショルダーストラップも早速付けてみた。おおお〜〜〜凄く軽くて標準に付いているでっかいストラップよりも使い易くて、首に掛けても負担が少ないです!これは凄くいいな〜〜〜!感動〜〜〜!早く買えばよかった。
まだの方は是非是非!色も4色あって選べるし。他にも素材の違う¥1,980のショルダーストラップもあるけど、こちらも同じ様に使い易いかも!

昨日の激しいくしゃみと鼻汁の猛攻は、どーーーも夕方ウォーキングに出たせいかもしれないと気がついた。歩きながらかなりホコリっぽさを感じてはいたのだけど、テレビ等では直接黄砂の話等は聞かなかったので安心していたのだ。しかし昨日は晴れていて、思い出してみると遠くの山が全く見えていなかったので、間違いなく黄砂は来ているハズ。今日は雨が降っていたのでかなり救われたけど、雨にも交じっているのでなるだけ雨には当たらないように気をつけた方がいいと思う。先日ヒドい日に実験で数時間降っている雨の中にコップを置いていたら、雨の中に黄砂がかなり溜まっていて、驚いた(--;)。

考えたら、私が鼻水ズルズルクシャミ出っぱなしでヒドくなったのって、丁度2月末………前回のヒドい黄砂が来た頃なんだよね。今年の黄砂で新たに花粉症にかかる人が多くなるとも言っていた。それほどにあの黄砂の中にはアレルギーの元凶になるモノがいっぱい入っているという事なんだよね。確かに健康の事を考えてマラソンには出ないと棄権する選手の人がいても変ではない。海を越えてやって来ているだけでこうなんだから、大陸での黄砂ってこんなもんじゃないだろうね(--;)。

明日辺りから黄砂がヒドいらしいです!
気象庁の予報を見たら、17日辺りに日本に来るような感じになっているんですが、数日前から影響ってあるはずですよね(--)。
皆さん!外出の際は十分に気をつけて下さい!
| [有趣]デジカメcomments(0) | by  よるのかに