kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS
とうとう福岡でも……
とうとう福岡でもマダニの重い感染症(SFTS)にかかった人が現れたらしい。
西日本の中で、福岡はまだだったのです。ただ、この手の詳しい事を調べる機関が各県でどの位この感染症を持つマダニが生息しているか調査をした際(犬等も調べていたように思う)、全然居ないという事ではなかったような結果だったので、いずれ出てくるなぁと思っていたのですが。

それにしても、マダニ……つい最近我が家のワンワンの目の上にかぶりついていたのを取ったばかりです。ホントは病院に連れて行ってあげなければいけないのだろうかと思いつつ、私はいつもピンセットで取っているんだけどなぁ。
その際に、ダニをつまんでもの凄くじわぁぁぁっとゆっくりはがす様にしているのです。それでいいのかどうか分からないけど、一応我が家の犬は病気になったりはしていないけど。ほぼ90%の確率で皮膚もくっついて取れます。取った後の傷には消毒液をつけています。

ウチの周辺はそれはそれは半端なく生息しているので草むらに近づく事は厳禁です。ワンワンがやってきたばかりの10年前にはほとんど居なかったんですよね。急にこの7年程で大量発生した感じです。
ウチのワンワンは家の中で飼ってブラッシングをこまめにしたりしているハズなのにダニから食らいつかれているので、外で飼われて草むらに散歩している犬は相当隠し持って居るだろうなぁ(==)。
草むらには一切近づいていないのに何故にマダニがウチのワンワンに食らいついているのか……たぶんね、よその犬や猫が散歩しながらポトポトノミやらダニを道路(アスファルトの上)に落としているんじゃなかろーかと想像したりします。

マダニの他にも小さめなダニも生息していて、こっちはマダニと比べるとマメ粒のような感じです。名前なんていうのだろう?
犬が食われる=人間が食われる……家の中で暮らしてたらあり得る事です。以前私もマダニに食らいつかれていた経験がありますが、その後どうもなかったので、大丈夫だったんだろうなぁと思いますけど、実にキモい話です。
全てのマダニが媒介しているわけではないようだけど、刺されて気分のいいものではないので、やはり十分に気をつける事は大切ですね。

という事で、犬のノミ・ダニ予防をした方がいいかなぁとか考えてみたり。
今はチュアブルタイプもあるようですね。TVでCMしていた気もする!マジで考えようかなぁ。

お昼に人とマダニの話をしていて、犬のマダニの話に移行し……彼らは虫?という話になって、その方がスマホで調べていた時に「きゃぁぁぁこれ見てみてーーー!!」というので見たら、犬の耳いっぱいに溢れたマダニのえぐい画像満載でした(==)。
「どうして気付かんのよ!!!」と思う程に強烈な画像なので、どんなの?と見る場合……相当気分悪くなるハズなのでご注意ください。
昔……ワンワンがダニの居る山の中を駆け巡って帰って来た時があったなぁと思ってにっきを調べたら、2009年の事でありました。なんだか……変な虫みたいなモノがあれこれ増えて来ているような気がします(==)。
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに
官兵衛はなし
どうしても官兵衛さん繋がりの話を見たり読んでいると、自分の知っている地名等が出てきます……地元だし。
現在の嘉麻市にあった益富城……ここは黒田家が福岡を治めるようになってまず城主となったのが後藤又兵衛。大河の中では今少年で登場しています。
どうしても現在の姿で見るせいで(思いっきり田舎なので)、どうして後藤又兵衛の出奔後に母里太兵衛がこの土地を治めていたのか不思議でした。何にも知らないので、どうして猛将が治めていたのかナゾだったんです。この話は黒田長政時代のコトなのですが、すぐ隣が犬猿の中だった細川家の領地だったため、にらみをきかせる為に益富城に猛将を配置したようです。
母里太兵衛が益富城に来る前は鷹取城城主というのも……ほお!と驚いてしまいました。福智山は遥か遠くに見えますなぁ……頭がちょこりんと禿げている山で、結構遠くからも見る事が出来る山なのです。さすがに鷹取山は高くないので見えませんが(笑)。
確か写真載せてたなぁと思い出しました。
現在は益富城跡に一夜城としてイベント時に建てられてライトアップされています。
これこれ! ↓↓↓
 

昔……中学校の行事で福智山に登山したのですが、この福智山山頂付近がもの凄く急で途中棄権してしまい山頂に登らぬままお弁当を食べ下山したんです(==)。周囲にある英彦山、古処山、宝満山等は山頂に登っているけどこの福智山のみ山頂がどういう感じなのか分からないのが何か悔しいかも。どう考えたって英彦山の方が相当登るのキツいのにナゼ私は登らなかったのだろう……中学生時の辛抱の無さが妙に歯がゆかったりします。何時か機会があったら福智山に登るか?と聞かれたら、ビミョ〜〜〜(笑)。現在はGoogle マップでどなたでも山頂が見れますから、そういうコトで。

話を黒田長政に戻し、先日歴史ヒストリアだったかなぁ、この方の特集をやってて、私ほとんど見損ねたんですが、中津に赤壁寺という赤い壁のお寺があるのですが、このお寺の壁が何故赤いかというのはネットで調べていただくとして……官兵衛さんが唯一その策を悔やんだという話だったので、私はてっきり官兵衛さんがやったのかと思ったら、息子が策をして相手をハメたというコトを今回初めて知りまして驚きまくってしまいました。長政さん、その当時家来にも信頼がなく、お父さんは相当心配したようです(==)。私がチラッと知る限りでは名君のようなイメージだったんですけど、実際にはどーもお父上とは性格的にそもそもが違っとったんですなぁ。
岡田准一さんが演じる官兵衛さんが余りにも人間的にもステキなので、余計にイメージが素晴らしく思えているのですが、そうよね〜官兵衛さんならキタナいやり方しないよね……と思ってみたり。
なかなか面白く大河ドラマ見ております。

そういえば、『荒野の七人』の3作・4作が続けてあっていて、今日4作目を途中から見たんですがクリス役がユル・ブリンナーじゃない!!!というコトで30分程見て止めてしまいました。荒野の七人はユル・ブリンナーだからステキなワケで。前身黒で揃えたホコリに塗れている感じのガンマン姿がいいのだ!
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに
宗像から福津
今日いつものごとく母親を乗せて……宗像市の道の駅に行ったのですが、津屋崎(福津市)まで足をのばすので、津屋崎の町並みに行ってみる事にしました。以前パンフで『津屋崎千軒なごみ』というまちおこしセンターがあるのを知っていたので、ここの駐車場に車をとめ、建物の中に入ってみることに。福津市の広報誌等が色々置いてあり、手作りの可愛いグッズなども少し売っていました。畳の部屋では、少人数でワークショップ?か何かやってるような雰囲気でした。糸を編み上げて作ったストラップが可愛かったので2つ(1つはふくろう)買ってからそこを出て……以前から気になっていた津屋崎人形のお店に行ってみました。2軒あるんですけど、さて……突然来てしまったので、どちらの店の人形だったか分からぬまま(汗)。1軒目……外から店の中をのぞいていたけど誰もいなかったので、もう1軒の方が表から中の人形が見えやすかったし金額も表記してあったので入ってみました。「原田半蔵人形店」というお店ですが、年配の方がおられました(多分店主の奥様でしょうね)。我家は今年玄関に馬の置物がなかったので、馬の小さな土鈴を買う事に(十二支の土鈴のひとつです)。母親がふくろうを気にしていたので、母親にはふくろうの形の土笛を買う事に。一番小さいので¥600程からいろいろあります。置いてあった写真集を手に取って見ていたら「お持ち帰り下さっていいですよ」という事だったので、1冊いただきました。
帰宅して……母親が楽しそうに「ホーホー」とフクロウの笛を鳴らしていました。いただいた写真集を見ていて、私が行きたかったのって原田半蔵人形店だったかも……と気付いたんですけど、うーーーむ、私は以前見たサイトを探すんですけど、見当たらないですねぇ。何処を見たのかなぁ???
今度原田半蔵人形店さんに行った時、絶対に尋ねたい事があるんです。写真集を見ていて、菅原道真公の人形が色々あるんですけど、ヒゲが長くてど〜〜〜みても私には関公にしか見えないのです。この人形いいなぁ……。
土人形は素朴でいいですね。本棚の上には太宰府で買った烏天狗の土鈴がありますけど、優しい感じがしていいです。
津屋崎人形は歴史的には黒田官兵衛さんが九州に来た時に播磨から共について来た、もともと瓦職人の方々が……他にも色々作っているうちに人形も作るようになって……現在に至っている様な感じみたいなので(余りにも簡潔すぎる書き方で話が違っていたら申し訳ないんですが)、官兵衛さんつながりなのか!と改めてビックリ。

そういえば、お店には馬の土笛がいっぱいあったのでどれを選んでもよかったわけです。微妙に違うんですけど同じ物なので、どれを選んだらいいか分からなくて、土笛さん達に直に聞いてみました。「ウチに来てもいい人〜(人じゃないけど)」と尋ねたら1つだけ「はぁぁい!」と声を出して手を挙げてくれた様な雰囲気の土笛があったので、その子に致しました。
面白いですなぁ「はいはい!!!」と皆が声を出す訳ではないものなのだな……としみじみ思いましたねぇ。縁を結ぶというのはこういうものなのであろうのう。
石もたまにネット上で買うべきかどうかと決めかねて悩む時にはこの手で決めています(笑)。不思議な話ですが(笑)。

そういえば、今日もハンパ無い程に宗像の道の駅は人が多くてごったがえしておりました。すっかりと忘れて……あとから、「あ〜〜〜〜!!!!テンペクッキー買うの忘れたぁぁぁ!!!!」と思い出しましたが、戻る訳にも行かず。次に立ち寄ったあんずの里市という直売所にありました。よかったぁぁぁ。テンペクッキーのレーズン味はムチャクチャうまいです。こんなに美味しいクッキーは他にはないと私は思っています。こってりバター風味の効いた柔らかめなクッキー等が好きな人は味気ないかもしれませんが、甘さ控えめでおからクッキー等のパサパサ系クッキーが好きな方にはかなり美味なのではないかと思われます。
宗像の方に戻って、帰り道のスーパー横にあるパン屋に寄ってみる事に。前日調べて寄ろうと決めておったのです!
帰って来てメロンパンを食べた母親が「2番目にうまい!!!美味しいよ!」と言っていたので、おお!と思ってしまいました。つい私もメロンパンを買って来てしまうので、母親はメロンパンの食べ比べをしているような感じになっているのですね……。
朝はパン食べませんが、昼に食べる事はあるのです。で、ついついパンを買ってみたくなるのです。宗像に行った際に寄るお店が増えて嬉しいです。
●トヰチ屋(といちや)
 
食う物ばかりですのう……ほほほほ。
さて、寝よう。
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに
九州古代遺跡ガイド
今日はモールに出掛けて……本屋に寄って道路地図のコーナーを見ていたら「九州古代遺跡ガイド」という本を見つけた。立ち読みしていたら、行った事のない情報がいっぱいだったので買う事にした。
何かメチャ(*´∇`)嬉しい。
古墳とか古〜〜〜い素焼きのツボの欠片やら見て嬉しいのって……何だかなぁとも思うが、でも嬉しいのであった。出土した大昔の勾玉がいっぱい載っているので、それも楽しい。黒耀石も載っているし。
やはり行きたいのう……チブサン古墳。

古墳は大好きだが、そもそもが当時の偉い方のお墓なので(汗)正月・お盆・秋分・春分に訪れる勇気はありませんが、でも行きたい。墓周辺に土足でズケズケ入って興味シンシンで見て回るのも、敬意を持っていなければという思いもあるし。

宮崎の西都原古墳群スゴいなぁ……。高千穂以外で私は初めて宮崎に行ってみた〜〜〜い!!!と心から思ったかも。あの古墳群、写真に撮ってみたいなぁ。草の生えたこんもりと丘になっている古墳が並んだ姿なので、とってもキレイです。
墓を撮るという事になるといえばそうなんですが、そういったら平戸の教会と寺院の一緒に見れる風景の中とか長崎市の寺の中を撮っていたら自然と墓も写っているんですよねぇ。延岡の先かぁ。かーなーり遠いのう(--)。

大きい所は幾つかでしょうが、福岡自体古墳が多いです。
資料館等、春になったらあちこちに行こ〜う。

ぽぽの散歩……今日はさすがに寒かった。
明日から雪になるようなので、どなた様も体調にはお気を付けて!
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに
鄭成功生誕祭
あと2週間経ったら『鄭成功生誕祭』。
今年こそ行く気満々。
今年は前夜祭とか講演会が行なわれるようで、さすがに日がまたがるので私は参加は無理だ。松浦史料博物館でもこの時期に合わせて特別展をやっている。その特別展のポスターの鄭成功像がムチャムチャ渋い!

しかしふとサイトを見て気付いた。
今年の「鄭成功生誕祭」は鄭成功居宅跡でやっている?何時からこんな事に???鄭成功廟では???と思ったら、今年は盛大にやるから鄭成功居宅跡でやるのって、何か複雑なようななんというか……。

2003年に鄭成功生誕祭に行った時の写真は、ある意味貴重なのかもしれんよな〜。

今でも忘れられんなぁ。
趙文卓主演の『国姓爺合戦』を見た時、一人でも清に立ち向かう姿に感動した(部下とか居るからたったひとりではないが)。その頃私は不条理だと思う許に居たので、号泣しながら勇気をもらった。
辛い時に励ましてくれた事って、ずーーーっと心に残る。忘れる事は絶対に出来ない。
鄭成功が私の肩をぽんぽんと叩いて励ましてくれたわけではないが(笑)、言葉になくてもその人の生き様が見せてくれた事で励みになるものだ。考えてみれば私の思い込みとか勝手な世界観かも。しかし関羽将軍も鄭成功も見えない力で私を励ましてくれた事実があるから、私はそれ以降ずーっと好きだったりする。私が心を動かされた事は、たぶん間違いなく縁だと思う。

行く前に、趙文卓主演の『国姓爺合戦』を見てから気分を盛り上げて行こう。
鄭成功〜〜〜今年こそ平戸で会って写真撮らせて下され〜〜〜!!!

詳しい情報は下記!
●平戸観光再発見 達人Navi平戸
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに
♪オヤジのか〜たみ〜♪
ローカルな話題。
西日本新聞のニュースに載っていた記事。
『国宝“兄弟鐘”が共演』
2つ並んでいる写真を見るとホントに大きさといいソックリな鐘さん達。京都妙心寺の妙心寺鐘(国宝)と太宰府観世音寺の観世音寺鐘(国宝)が1月13・16・17日(16・17日午前11時と午後1時から一般公開のもよう)九州国立博物館1階特設ステージで実際につかれるらしい。
早速九州国立博物館のサイトで詳細をと思ったが、何も載っていなかった(汗)。私はどちらも聴いた事がないから聴いてみたい!しかし土日はよっぽど早く行かないと人が多そうだ(^^;)。
タイトルはジョークだぁぁぁぁ!

そういえばキムタク『ヤマト』のCMが元旦に放映予定だったなぁと思い出したのでYouTubeで見た。おお!古代進キザでカッコよ過ぎ(笑)。CMのノリなら映画館で見ていいかも。実写でヤマトが作れるようになったんだなぁ。それだけでスゴイ時代だと思える。

さて、今日は帰りに買って来たスよ〜養命酒。書いてある通り1日20ml×3はアルコールが入っているので飲めないから、寝る前に1回飲む事にした。過去に一度試してみるも断念し、数年前サワーでぶっ倒れて以降はお酒は一切飲まない!と心に誓っていたが、体質改善のためだから弱音ははけない(T-T)。というワケで、さっき飲んでみたら……まずいけど、ウコンをそのまま飲むよりはまだうんとマシだ!と感じたので、続けよう〜。これで冷え性や体温が上がるといいんだけどなぁ。

今日図書館から借りて来たのは『怪奇鳥獣図巻』。中国古代の「山海経」からの引用を中心としつつも来歴不明の妖怪等……江戸に描かれた図巻を紹介してある。一番後ろの「山海経存」の図譜というところを見ていて……「海外南経」?というところに描いてある中山神?の絵を見てえーーー!どうみても「飛龍」ではないか!と。
養命酒のマークが「飛龍」だから、タイムリー。で、龍の頭をし体が鳥という飛龍の事をもっと知りたいのだが、資料が無い。私が探しているのは空母でもフェリーでも演劇でもない。唐津くんちの7番曳山は鱗があってどう見ても鳥では無い。で、唐津くんちのHPをあちこちと拝見していたら“南禅寺の障壁画に描かれている飛龍の絵を元にして作られた”とあった。なにはともあれ、体がどうであれ“龍”であるという事は間違いないようだ。
『怪奇鳥獣図巻』……顔が人間で体が鷹とか鷲はびみょー(--;)。人間の顔が9つあって体が虎というのもびみょー(--;)。でも迦陵頻伽は顔が人間で体が鳥だよなー。
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに
5.5杯
今日は朝また雪が積もっていたが、あっさりと溶けてしまった。
10時頃から福岡県遠賀郡遠賀町にある『ヒラヤマ遠賀工場』の直売店に行く事になった。冷凍物の蟹を扱うお店だ。お店自体は全然大きくなく小さくこじんまり〜。タラバガニ、アブラガニ、ズワイガニが主かな。その小さな直売所にゾクゾク車が……。私達が行った時は店の中には人が溢れてごったがえしていた。買ったのはズワイ冷凍2kgで¥4500だった。
家に帰って冷凍庫に入れようとしたがそのままは入らず、母親が全部出して袋を入れ替えていたが、キレイなカニで片身11個(5.5杯)入っていた。身が詰まっているのかどうかは、大晦日・正月用だからまだ食べていないので分からない。
昼にTVでマラソンを見ていたらココのCMが流れていた。両親が言うには去年TVで見た時は大きな店だったというが……詳細は分からず。ズワイうまいといいね〜。

それにしても、父親の車に乗っていると後ろの座席でもものスゴくコワかった。たぶん自分以外の人の運転は誰でもコワくなってしまったのかも。私の運転が安定していて上手いという事では決して無い。助手席とか後ろの席に座るのがどうも落ち着かなくて苦手なのかも。
友の車に乗った時も運転が荒くて左右の確認はきちんとしないし急に飛び出すし恐怖で顔が引きつったまま……毎回神経が擦り減る。
前の車との車間距離がそうないまま悠々と走れるというのも私には理解出来ない。予測運転の事を考えてしまう。
帰って来て昼ご飯を食べた後、無意識に1時間近く爆睡していた(--)。
私にとって自分で車を運転するという事は心から楽しい。だから長時間の運転でも苦痛にはならない。さすがに自分で5時間運転しっぱなしは目が疲れるけど、車の運転は慣れた車で自分でハンドルを握るのが一番ホッとする。

WordPress……
写真が一つ前の記事と重なる〜〜〜(ブログは新しい記事が上に乗っかっていく形なので)、どうなったんじゃぁ。冷静に考えて調べてみたら、あれこれ扱うウチに記事の写真に対するCSSの1行を消していた(汗)。たった1行というのはまだ分かり易い方で、たった1個の記号で動かない世界。
更にプラグインを幾つかインストールしてみた。バックアップ用、スパム用、ライブラリ用などなど。そして……その中のひとつに赤い警告が出た。英語で書いてあるので自動翻訳で調べてみると「プラグインをアンインストールしたら記事消えるかも」みたいな意味不明で恐怖を醸し出していたので、バックアップをとってさっさとアンインストール。まだ記事らしい記事は書いていないので、テーマのファイルが残ってさえ居れば最初から入れ直してもいいといえばいいんだけど。今のウチに試したい事はたーーーんと試してみとこうかと思う。記事が増えて来たら何かと面倒になってゆくし。
パーマリンク設定も悩んだ。
やっとここまでこぎつけたのに、「WordPress 2.9が利用可能です」というお知らせが!どうしようかなぁ。アップデートはある意味“賭け”と言う気分がするので、早々とやって後悔した時がちょい悲惨かも。
TOPをどうしようかなぁ。フツーのサイト作成ならばそう悩まないのだが、WordPressのタグは初心者の私には独特でCSSで形を整えるのは私には時間が掛かり過ぎて慣れるのにはまだまだ時間がかかりそう。
しかし、1文字1文字打ってテンプレートを作り上げたので(本を見ながら)、体が覚えている時がある……不思議(笑)。
頑張るゾーーー!
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに
紅葉の季節
微妙〜に体調がイマイチな時もあるのだが……何かもう切なくなって来るので体温を測るのは止めた(--)。少しずつ回復に向かっているような気がする(^^)。

今日は色々と用事アリーの仕事アリーのだったが……量販店に出掛けてインクを買う際に思い出してマウスパッドを買った。1枚¥150。安いのをワザと選んだワケではなく、布のマウスパッドが他に無いからだ。表面はナイロンだけど、布(ジャージ)仕立て。裏はズレ難くなっていてカタいマウスによく見られるシールが机等にへばり付く事が無いのが私的には○!買い替えて感じたが、マウス滑らか〜。早く買い替えればよかった(--;)。安いが故に店で品切れしている時がある、コレ。私はパソコンの机がグレーなので違和感の無いグレーばかりを買っている。
●BUFFALO マウスパッド(ジャージタイプ)

綿帆布のマウスパッドが今まで使った中で一番好きだったんだけど……無いのよね〜。私的にはマウスパッドは布が一番使い易い気がする。

話はかわり、
今週末こそ写真を撮りに出掛けたいんだが、天気予報は雨になっていた。何時も山なので海に行く予定(笑)。フツーならここで、うむむむ……なのだが、いいのだ、どーせ天気予報だから当たらない可能性は50%以上ありそうな気がする。雨が降ったら日曜日に行くゾ。「清水寺本坊庭園(福岡県)」又は「御船山楽園(佐賀県)」も一緒にいいかもなぁ。
今年は上記の他、太宰府の「光明禅寺(福岡県)」には絶対行きたいのよん♪

お!今気が付いたが、『全国の紅葉スポット』で「英彦山」が“紅葉見ごろ”になっている。
「雷山千如寺大悲王院」の大きなカエデも実に綺麗。こちらはまだ見頃ではないようだ。ココは寺に到着する迄坂道なので早めに行かないと日曜日は坂道で混むかも(過去にたまたまTVで放映した翌日の日曜日に呑気に行った為坂道で数時間渋滞という悲惨な目に遭った事がある。それも車がマニュアル、坂道発進ばかりで涙目になった)。
福岡県の紅葉も美しいのだ〜!
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに
なんでじゃーーー!
今日は……つ、疲れ……ぱたっ。

昨日の夜、寝てから右手がつってイタタタという感じ。さっきも横になった時に同じ様な症状だったが……うーーーん何だろ?起きているときは別に痛くもないのだけど。
何となく寝違えた様な感じで首が痛いので、そういう影響もあるのかな〜。

話かわり、福岡県田川郡香春町に道の駅が出来たらしい。母親がチラシが入っていたという。何処なのか父親も気になったらしいので場所が知りたくてチラシを探したけど見つからず。ネットで調べたら行橋と小倉に分かれる道辺りだな。私はあちこちウロウロしているので直ぐに何処か分かるが、行った事がほとんどない両親にしてみると、全然分からないところかも。

ところで田川つながりの話。
先日、田川市の田川市石炭記念公園にある二本煙突と竪坑櫓が世界遺産登録の「九州・山口の近代化産業遺産群」から外れたと新聞に載っていた。
なんでじゃーーー!筑豊が石炭産業で日本の礎となって支えたのは事実なのに。
二本煙突は修復したしライトアップもされたりして綺麗なんだぞ!
飯塚市の旧伊藤伝右衛門邸が外れたのは仕方がないんじゃと思うのだが、二本煙突は炭坑節に唄われているあの煙突そのものが、現在も壊されずに当時の姿で残っているものなのだ。
納得いかーーーん!

伊藤伝右衛門さんの事に補足。
いまだに柳原白蓮(歌人)さんを家に閉じ込めていたヒヒじじいと思っている人がいるようなので、それは誤解だと私は思う。そういうか弱いイメージで柳原白蓮さんの声を聞いたら(残っているのでイベントのとき等に聞く事も出来るかも)百年の恋もいっぺんで覚める思いがしそうだが……(--)。

土門拳さんの写真集『筑豊のこどもたち』とか見て欲しいよなぁ。私の住む地方の切ない部分をさらけ出しているという部分は否めないが、筑豊に限らず、塗炭の苦しみを味わいながら強くたくましく生きて来た人々は勿論世界中に、沢山の時代に居たのだ。その一部を一瞬をきちんと捉えて離さなかったという点においては、スゴイし素晴らしいと思う。現在とは時代も違う。
伯父さんが炭坑夫だったので(といっても筑豊ではなく荒尾の方だが)、田川市石炭記念公園にある長屋を見ると、作りが同じなので本当に昔を思い出す。もうずーーーっと大昔の事だけど、忘れられない。
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに
タンポポコーヒーと民話
入院する前に瓶に入れていたタンポポコーヒーは飲まないままで固まって居たので(汗)捨て、冷蔵庫に入れて居た残りのタンポポコーヒーを洗った瓶に移して久し振りにタンポポコーヒーを入れてみた。しかし臭みが耐えられなかった(T- T)。コーヒーを夜に飲んだらカフェインが入っているので私は眠れなくなってしまう。このカフェインというものは刺激物なので、摂り過ぎるとアレルギーにも非常に良くない。日本茶や紅茶にもカフェインは入っているがそれに比べてコーヒーはかなり多いのだ。カフェインの事を気にしない人も多いのだが、私はアレルギー時にコーヒーを1杯でも飲むと余計にヒドくしてしまうので、春先のハウスダスト+黄砂時には全く飲めない。コーヒーが好きなだけに……コーヒー抜きはかなり苦痛だった。今はそうでもないけど。
タンポポコーヒーはノンカフェインだが、カフェインレスやノンカフェインのコーヒーというものもあるんだよなぁ、とふと気が付いた。
タンポポコーヒーは体温を上げる働き(個人差や商品で違うように思う)や強い利尿作用や体内の毒素を出す効果もあるらしいので、又コツコツとコーヒー代わりに飲もうかな。タンポポコーヒーはお乳の出もよくなるという話。
国産のタンポポコーヒーがリピーター限定26日迄増量中で申し込めるので久し振りに注文しよう〜。

話かわり、
『日本昔ばなし』も面白いが、昨日図書館で『筑豊弁で語るちくほうの民話』という本を借りたので読んでいる。これも面白い。カッパがいっぱい出て来る!狸の話はないけど狐はよく化かしに出て来るなぁ。10年くらい前だったら、家の柵等をつたって歩いていたイタチを見掛けた事があったが、もうイタチさえ見ないようになってしまった。家の近くに雉が出没するのは以前から何度も書いているが、先日は川沿いの国道を雉が走って渡るのを母親が見たそうなので、まだまだ住んでいるんだなぁと……自分の住んでいる周辺が田舎な事にとても感動した。
家の近くでは蛙を全然見ないが、稲の育っている頃の田んぼ周辺にはおたまじゃくしがウヨウヨいたので、蛙も沢山生息しているようで安心した。
便利になる事は有難いが、今まで見掛けていた生き物が見れなくなるのはやはり寂しいし、ずっと先の未来の事が心配になる。

話を戻し……著者が年輩の方でその方が子供の頃聞いた方言やその頃のおじいさんやおばあさんが使っていたと言う方言で書かれた本なので、私が生まれて初めて見た方言もあって驚き!うーーーん、スゴイ。
「えずいきいやばい(怖いから嫌だ)」とか「なしこげなこつば(何故こんな事を)」「とつけむない(思いも寄らない・とんでもない位)」ここら辺は懐かしいような……さすがにここまでフツー使わないかもなぁと思いながら楽しく読んでいるところ。
で、何時もココに書く時に何気なく使っていた『やっぱし』は方言だったのかぁぁぁぁ!と愕然となったのだった(--;)。
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに