kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS
うーーーん
陳宮が曹操の許を離れたのが、自分の言う通りに動かないトップだからというのは……ヘン!!!
この物語の曹操はかなり気配り上手な優しい人物だし、呂伯奢も切ってはいない(これは三国演義での話だが)。
物語の中で……自分の好きだった女性が董卓や呂布から弄ばれた事、そしてそれを止めきれなかった自分を憎むならまだしも、曹操は自分の父親を殺された徐州の陶謙を恨んで攻撃しようとしたわけで、それを諌めた陳宮を振り払って行ってしまったとしても……呂伯奢を切るよりはそれなりの理由にはなるよなぁ……と思いつつ。結局、天下を取れる人をこの手で自由に動かしたいと言う欲望を持ったというわけですな。悪人面で我がままで自由奔放な曹操ならそうなっても分かるが(==)、嫁さんも世話している優しい曹操なのになぁ。
それなら、曹操に裏切られ(曹操はそんな事したつもりではないが)呂布の軍師におさまった陳宮の方が……私的にはマシかもしんない。
本当のところは陳宮という人物がどういう人であったのかはその時代に生きて接した人でなければ分からないので、想像を膨らませて自分なりの人物像を抱くしかないのですが、関羽将軍にしても同じ事がいえますけど……大切にしているんですよねぇ……そういう自分の中のイメージって。

何となくシナノ企画の三国志のアニメが見たくなりましたなぁ。三作目の関羽将軍に会いたくなりました。
そうなのよ……もうすぐランタン!!!
 
| [有趣]三国志comments(0) | by  よるのかに
関羽
今日『関羽(原題:關雲長)』を見ました。ドニー・イエン主演のヤツ。英語のタイトルが『KAN-WOO』というのがなんともかんとも………ニンニン。

どんな話だろうと思っていたら、劉備も張飛もほんの数コマしか出ないという……チョービックリな展開でした。
若かりし頃の関羽将軍の姿というのは興味深いのですが、故郷を追われる原因が……密かに自分の好きな人を襲おうとした役人達を殺して……という設定で、その時助けた女性が後に義兄である劉備の奥方になる予定になってたという……おお!昼メロみたいな展開。それもその女性、助けられた事に気づかず最初つっけんどで関羽将軍に怒ってものを言うんですよねぇ。見てて痛ましい。
物語は下邳を落とされ一時曹操の許に劉備の奥方共々捕虜になった時のエピソードを主体とし、その後の千里行までを描いているので曹操とのやりとりばかりです。なので、三国志を知らない人が見たらどうしてそこまで関羽が劉備を立てるのか全く分かりません。この物語での関羽将軍は人を殺す事も英雄になる事も全く望んでいなくて、かなり戦い自体に疲れきっているというか(^^;)、そこら辺のほつれた穴のような部分を責められるような展開ですねぇ。優しいが故に気を遣い心を痛めながら振る舞う姿はめちゃカッコイイのですが(笑)、それは妙といえば妙なのです。一体何の為に義兄弟の契りをしたのか意味不明だし、戦いに加勢したのか……つじつまが合わない。一旦漢が心に決めた事を(戦いで人を殺める事が当然など思っていませんが)叶える前に放棄するような関羽将軍ではありません。物語の中で曹操が「関羽は英雄で自分は小者」と何回も言うのですが、これもまた意味深です。逃げる為にとヒゲを切り落とすシーンもあるのですが、あれほどにヒゲを愛し(笑)自慢に思っていた人なのに、好きな女性の為とはいえわざわざ切るかい、フツー???いいえ、まず考えられません……いや、それほどに美しいヒゲを持っておいでだったんですなぁ。
ドニー・イエンはカッコいいしアクションは素敵だけど、私の思い描く関羽将軍の像からは遠い。これは作った人の好みの問題なので仕方ないよなぁ(^^;)。アクション関羽!が見れたのは楽しかったです。ブンブン青龍偃月刀を振り回している姿がカッコイイ〜〜〜!緑色の甲冑に身をまとった姿を期待していたら……最後の最後ちょこっとで………なんじゃぁぁぁ!!!とガックリでした(爆笑)。いや、あの姿が見たかったんですけどねぇ。
ゆーちゅーぶを見ていた時にブルース・リーの師匠の映画が公開されている?ようで、その師匠役がドニー・イエンなんですけど、武術かっこ良かったです。アクション映画の主人公は何から過去を持って生きているような事が多いですね(笑)。いや、そうでなきゃお面白くないんでしょうけど。

もし自分が会った事の無い大昔の人にひとりだけ会えるとするなら私は迷わず関羽将軍に会ってみたいですが、史実や平話や小説や空想の中で考える関羽将軍が私の思った通りの人物なのかどうかは微妙……かな?きっと義に厚い事は確かだと思うのですが、自分の中にある一抹の不安「微妙」とはやはり顔でしょうか(爆笑)。想像を膨らまし過ぎて現実が違っていたらショックですけども……うん、きっと、素晴らしい人に違いない。

これほどまでに義を重んじる人物を育んだ国……現代にもし関羽将軍が見たらどう思うのかなぁと私は思ったりします。
どこの国にも自分のことしか考えない人は居ます。そして心暖かい人も居るし、道を重んじる人も居るし、貧乏人も虐げられた人も居るんですよねぇ。今の時代は物質的に豊かなだけで、心とか精神とかそういう世界では十分に乱世な時代だと思えて来ます。
私が感じるのは、何よりも「強きをくじき弱きを助ける」人だと思うんですよねぇ、関羽将軍って。正道から外れてはいけないと思うんですよねぇ。
義と和は全く違うのですが、最近日本的考え方を象徴するような「和」はいいなぁとしみじみ感じます。他人も救われ、自分も救われ喜びが舞い込む、皆が幸せになれるように物事が進めばいいなぁとしみじみ思います。
| [有趣]三国志comments(0) | by  よるのかに
流れ具合が絶妙
いやぁ……今日は起きてから鼻がズルズルで噛み噛みが止まらず……ヤッバーーー!と思って薬を飲んだら随分と治まりましたが……また黄砂だよー(泣)。明日の夜辺りまでは結構影響あると思うので、ダスト系アレルギーの方はご注意下さい。
あんまりにもひどいと花粉症発症かー!と思うんだけど、車のガラスやネットで黄砂情報を見たら、私のはやはり黄砂だと毎度思うのですが。
という事で、外に出られませんがなーーー!!!
鼻ズルズルいいながら写真を撮るのは辛いです。鼻と額辺りの頭痛がとれませんし。

今日ちょっと懐かしくなって『三國志8(歴史シミュレーションゲーム)』をやっていたら、つい数時間やってしまいました(汗)。朝、近くのパソコン店のチラシを見ていたらネットゲーム用のWinと『三國志12』載ってるし〜〜〜。何かそこまで高性能を求めてゲームするのもなぁと……見ながらぽそっと思ったのだが。
私の中での高性能はMacでいいし(--)。
この微妙〜〜〜なズレというかジレンマが、私の脳みそをクルクルさせるのであった。

『三國志12』のサイトのイラストを見ていたら李厳の絵がありました!なかなかカッコイイではないか。今日やっていたゲームの中で何故か慕われて気が付いたら義兄弟になっていたんですが……。
『三國志12』って私の見ていた絵でイマイチの方の絵がカッコイイんですが(笑)。カッコ良く書き直したって事でしょうか。うーーーーんーーーーWinがないとゲーム出来ーーーーん。
BGMに三国志のサントラあれこれを延々と流していたので、余計に頭の中が再び三国志色になっている(笑)。

しみじみ思うけど、周瑜・陸遜・趙雲……この3人は常に美形に描かれますな(笑)。このような美形の並ぶ世界だったらどんなに幸せでしょう(爆笑)!!!

そうそう、関羽将軍の絵は……ヒゲの流れ具合が絶妙です。この流れ具合いいなぁとしばらく見入ってしまいました。

面白いのよね、三国志は過去の事なのに夢と浪漫があってね。
語り出したら終わらないので……寝るス。

明日も少しだけしよーーーっと。
以前だと劉備軍で始めなければイヤーーーと思っていたのだが、10年も月日が流れると見方も変わってきて、結構曹操の許でも面白かったり。夏侯惇と李厳と趙雲と義兄弟というのが楽しかったのだが、夏侯惇がお亡くなりになって……スッカリと寂しくなってしまいました。
強い武将って凄いなぁと、ゲームながらに感動してみたりしたのでありました。
| [有趣]三国志comments(0) | by  よるのかに
三國志12
『三國志12』Win版が出るーーー!3月30日発売予定。

テンションがググーーーーン!と上がった!

欲しいなぁ。
でもウチWinないし(笑)。この際安〜〜〜いWin買うとか(笑)。イヤイヤそんなにPCばかり要らんし。正直なトコMacの方が断然いいし。たまにWinのWordがあった方がいいなぁとは思うんだが、それだけの為にWinを買う気持ちは起こらなかったのだが、いいなぁ『三國志12』………。
ひとりで黙々と三國志の世界の中に陶酔出来るのがいいのであって、私は他の人と共有したいワケでもないからオンラインゲームも全く興味さえ湧かなかったんだよなぁ。でもこのシリーズは歴史シミュレーションであり、常に先を考えつつーの、色々な事に頭を巡らせりーの、気配りしーの、を個人で進めるゲームなので……私には非常に面白かった。
他のゲームをやりたいとまでは思わないが、これだけは別物!!!
ああ……ゲームをする為にはWinを買わねば……まずそこからなのよね〜。ネットもつながなきゃいけんのでメンドーかも。セキュリティとかメンドー!プレイするトコロに行き着く迄に難所が幾つかあるなぁ。関羽将軍の千里行並の思いがあれば越せるような気はするのだが(笑)。

さっき公式サイトの武将名鑑を見ていたが、徐庶の絵がイマイチっ!!!『8』はもの凄ーーーくカッコ良かったのになぁ(--)。

日本人は三国志を経営的な事に置き換える見方……というのが本場中国では不思議に感じた部分だったらしいが、今はどうなのだろう?
| [有趣]三国志comments(0) | by  よるのかに
三國15
『三國15』を見た。
許攸がお亡くなりに。うーーん、正史では素行がイマイチだったようだが、この物語の中ではなかなかナイスだったのでもう少し違うのかなぁと思っていたのだが。結局三国演義の流れになった最期。
結構物語が長い割に端折ったキャラも居る。え?何故にこの方出て来ぬのだ!というお方も居たりして〜。まだまだ劉備軍はへにょへにょですが、もうすぐ魚が水を得て話が盛り上がるというところですなぁ。
曹操が実に愉快なので話は面白いのだが、私が君主を選ぶならば……やはり曹操さんの下で働くのは無理です。過去や多少の素行に目をつぶっても有能な人材を愛し登用する姿勢は素晴らしいけど。
赤壁の戦いの最後、華容道の件がどうなっているのか……な……と。
| [有趣]三国志comments(0) | by  よるのかに
夢のような
『三國11』を鑑賞〜。
献帝無茶苦茶カッコイイお顔。どういう雰囲気か……この日記だけ読んでいる方が想像出来る顔というとハツラツとしたダルビッシュ投手!あんな感じ。でも曹操の許都でビクビクしながら暮らしているのだった。

このシリーズ「三国志 Three Kingdoms  公式ガイドブック 上・下巻」なんて本まで発売されていて、先日本屋でチラリと見ていたけど欲しいなぁ。明日レンタル返す時に買おうかなぁ。

3月でアニメも終わってガックリ来ていたので、新しい三国志が見れるなんてまるで夢のような日々(爆笑)。
おまけに劉備玄徳がカッコイイ!!!今までの世界観を覆すようだ(私は関羽将軍贔屓なので関羽将軍というフィルターを通して劉備という人物を見てきた。「関羽将軍の義兄だからスゴいに違い」と思いつつも、イマイチ私好みな劉備さんに会う事はなかった(横山三国志でも吉川三国志であっても))。
物語の違いで「三国志」も随分違って来るんだなぁ〜。
たまたま関平はどんな美男子だろうと本をめくって、がびょーーーーん!!!予想に反した顔だった(俳優さんにはホントにゴメンと思うが)。関平のイメージが……ああ……。
常に凛々しい趙雲将軍が見れるから、いいといえばいいんだが。『レッドクリフ』の趙雲将軍は役者さんは好きだが私のイメージとは大きくずれている。私的には『レッドクリフ』より遥かに『三國』の視点が好きだし、ツボだ。短い物語の中で描くのには無論限界はあるが、『三國』の曹操はスゴ〜〜〜く人間くささがあるのが実にいい。陳宮もよかったなぁ……遠い目(--)。
あ、『三國』のOP等に出て来る総髪のおっさんは誰だろう?と思っていたら、司馬懿だった。全95話までまだまだ長いのう。そういえば、夏侯惇が出て来ないんだが???演義が主体なら出て来るハズのような。

陳宮の書籍が発売されている。なかなかこの方を主人公にした本は見掛けぬなぁ。文庫なら買うけど書籍かぁ(--)。

最近……三国志と石の話ししかしていないような(滝汗)。

ところで、
天珠がキターーー!!!コロコロして可愛い〜(´ω`*)。
白檀のビーズを頼んだので、ビーズが届いたら紐で組んでペンダントにしよう〜。

そうそう、今日の室内夜近くまで32度。
くれぐれも熱中症等ならぬようお気を付けくだされ!!!
| [有趣]三国志comments(0) | by  よるのかに
カッコイイ
今日は『三國7』を見た〜。
いいなぁー劉備!こういう台詞ではないが→「相手が私にヒドい事をしたとしても私はヒドい事を仕返したりしない」私は道義は踏み外さぬ……という事だろう。『儒教』の五常的な意味合いなんだろうな。しかし『侠』だと私には思えたりもする。
かつてここまで徹底してカッコイイ『侠』を見せてくれる劉備玄徳は居なかったかもな。静粛ではあるがしたたかで、それ以上に道義を弁える姿に心が震える。この劉備なら2人の義弟がどこまでもついていきたい!死ぬ時は一緒という言葉に賛同したくなるねぇ……。
義の関羽将軍ではなく、劉備さんに惹かれてどうする〜〜〜ぅ(--;)。

司馬遷の史記に侠の話しが載っているが、書かれた時代頃には侠の意味合いが薄れていたらしい。この時代で?と思うのだが、だからこそ別伝として荊軻達のような刺客の話しがまとめられたのかなぁと思ったりするのだが。私が一番スゴいと心に残る話しは聶政。←でもこの死に様って日本の武士にも相通じる部分とは思うんだけど。

陳宮って、三国演義の物語上だと呂布の心意気よりも劉備の性格の方が目標としては合うと思うんだが、世の中うまくいかぬものよのう。徐州頃の桃園三兄弟って団結力が強い時期なので、入るスキもなかっただろうが。でもちょこんと居る趙雲将軍が若くて爽やかでカッコイイ〜(^^=)。
漫画横山三国志の影響が強過ぎて、頭の中は山田太郎の容姿が強烈で離れずに居る。

どうでもいいが、主君を呼ぶ時に、皆が「我が君」というのには、見てる私がこそばゆい。

話かわり、とあるサイトさんを見ていたら甄子丹が関羽将軍役の作品『關雲長』が中国で公開されていると知って驚いた!情報有難うございます。簡体語より私は繁體語の方が好きなので原題は繁體語にさせていただく。
日本では公開ナシかぁ。何時かDVDで見れるとは思うのだが。予告見たらさすが!アクションバッチリな関羽将軍。お顔的には関羽将軍顔の雰囲気からするとかなり優し気に見えると思うんだが(^^;)作品を見たらイメージが違うかも。甄子丹見てたら雛形あきこさんを必ず思い出す。顔……何となく似ている。

ところで、ふふふ……スレイマンアゲートが手に入る。それも安く。待っていた甲斐があったよ。ただ、争奪戦という戦いに半ば敗れ、ちみっこいのしか手に入らず(汗)。一番スレイマンぽい容姿の石を手に入れたから、ま〜いいか〜(^^;)。

昨日蚊の猛攻でずーっと眠れず(汗)、朝方バチっ!と叩いたらその後静かになったのでこれ幸いと寝て、朝起きたら枕の上でポトリとなっていた(--)。
今日はグッスリ眠れるかな。
| [有趣]三国志comments(0) | by  よるのかに
関羽将軍のイラスト
やっと関羽将軍のイラストを描き上げました。
問題のマントは書き足しました(笑)。
『笑う…』の畫の三国志の中にありますので、よろしければ見てやって下さい。
でも小さいサイズなので、天空の方に一色の大きめを載っけてます。カラーはつぶれちゃって見えなくなっているし(泣)。やっぱカラーの方がいいと思うんだけど。

雰囲気は日本調。中国の武将だけど(笑)。
私は狩野芳崖が好きなんで、知っている方はあ!という部分があるかも。
他……服の色が定まらず、以前は赤とか緑とか描いて来ているんだけど、今は緑。
特に関帝像は赤い顔と緑の服を基調にしている事が多いのでクリスマスツリーみたいに見えて(汗)何だかな〜状態なので、赤はほとんど使わず、です。自分が着せたいオリジナルな衣裳という事で(^^;)。黒と渋めの金と黒かなぁと。
龍の顔も衣裳等も気に入る迄何回も書き直しました。
●關羽雲長

私はアナログで絵を描いて来た人間なので最初から最後迄コンピュータグラフィックでの全体像というのはバランスをうまく取るのが難しく、その面倒臭さが辛抱出来ずにほとんど描いて来なかったわけで(汗)。
今回は手間ひまもかけたつもりだけど……ひとつひとつ積み重ねて出来上がるのっていいなぁと、久し振りに「描き上げた」という満足感がいっぱいで、眠い〜〜〜。
もぉ眠くてたまらんです。
これが自分の限界だという満足ではなく、まだまだ精進です。

ああ……これで少し果たせたのかな……関羽将軍!!!
| [有趣]三国志comments(0) | by  よるのかに
三国志の話
今日は朝起きたら雪が見事に積もっていた。晴れたのでお昼頃にはほとんど溶けたのだが。
風が吹きすさぶ中、ぽぽと散歩に。今日はかなり歩いて長い登り坂も2つばかり歩いたのだが、帰って来るまでぽぽは元気だった。最近雪とか雨ばかりで運動不足の為かうっぷんが溜まっているようで、自分の犬用ベッドをひっくり返したりくちにくわえてぶんぶん振り回したりとかなり怒りっぽいし激しい。
出来るなら毎日歩きたいんだがなぁ。

話かわり、久し振り『レッドクリフ1』を地上波でやっていた。
見る度に切なくなるのは……張國榮の周瑜が見たかったと思い出す事だ。思い出したら又涙が出た。監督が呉宇森だったので張國榮が生きていたなら周瑜は張國榮が演じただろうと私は今でも思っている。でもそうなると小喬の指先が異様に苦手な上に、絶対に張國榮の方が美しいと思っただろうから、微妙だったかもとも思ったりして(笑)。やはり……もうちょっと小喬どうにかならんかったのかと思う今日この頃。『レッド・クリフ2』では更に加速するのであった。孫尚香の方がうんとステキ。いやいや、張國榮だったなら他の女優さんだったかも。
私は男の人を見て「美しい」と感じる事って過去にあったかなぁ。顔が整って美しいという事よりも、絵になっているのよね……張國榮って。
それと、曹操あんなんじゃねーーー!とも思うんだが(笑)。
『レッドクリフ1』録画していたので、『冬のサクラ』を終った後見ていた。私の趙雲像とは全然違うが(アニキ的趙雲は微妙〜。私は生真面目な将軍だと思っている)やはり趙雲将軍容姿的にはカッコイイなぁ。
三国志のイメージって、人それぞれの心にあるのが一番だろうけど……ね(^^)。

『レッドクリフ1』を見ていた父親から「これは誰なのか?」と尋ねられたので「周瑜」と答えたがそれだけでは意味不明だった模様。「一回見たよなぁ」というので「1回見てるけど忘れているから今回見て次の話見た方がいいよ」と言うと納得して見ていた。
映画だけでも面白いけど、人物像や関係などを知った方が三国志は更に深く面白い。

今日はアニメの『三国演義』もまとめて見ていたのだが、現在南方の孟獲辺りのお話。
見ていてあれ?と妙に感じたのは、南征というのは確か雲南省とミャンマー辺りのハズで、そこに行ったハズなのに出て来る現地の方々がどう見てもインディアンに見えてしまう。テントにしても。何故だ?大昔とはいえ雲南省とミャンマーの民族ってあんな恰好しているのか???思いっきり南方をバカにしているように見えてしまったのは私の思い違いなのか?どうにしても衝撃。このアニメ日本は関わっては居るが日本産ではなく中国で製作しているはずなのだ。折角ここまで描いてあるのになぁ。とはいえ姜維のところまでやるかなぁ。やってほしいなぁ。一度アニメで姜維を見てみたい。
このアニメがステキなのは、おっさんやおじさんやヒゲオヤジがいっぱい出て来るところである。いかにも少年少女向きから外れているところが最高に良い。最後まで楽しみたいと思う。
| [有趣]三国志comments(0) | by  よるのかに
三国演義
今日は仕事をしていたので、夕方投票へ。
結構投票に来ている人多かった。町内放送で何回も「投票に行きましょう!」と叫んでいた。

夜はWordPressをあれこれと修正などなど。
CSSの中を探すが無い。更に別のフォルダのCSSもない。ないぃぃぃ!という事で仕方が無いので勝手にフォントの大きさを指示。
気が付いたら夜中(汗)。蓮の写真迄間に合わん〜〜〜(汗)。

『三国演義』のアニメは官渡の戦い中。
ふと孫権が出ていたのを見て気付いた。孫堅と孫策ぶっ飛ばし状態(滝汗)で玉璽の件も触れていない(汗)。という事は于吉っちゃん出て来ないのか!!!あんなに面白い話なのに。残念だなぁ。
そして……荀はどうしてあそこまで年輩な姿なのであろう。郭嘉は次の回でお亡くなりになりそう(--;)。目紛しい。
今の『三国演義』のOPって中国放映そのままだと、次は孟獲や祝融夫人や象が出て孔明さんも年をとっているので、思いっきり月日の流れを感じる事になると思うのだった。三国志はそういう物語なのだが、突っ走るには端折らないと無理なのね〜(--)。

鶴見辰吾さんの声の曹操めっちゃ合っている!
横山三国志のアニメの曹操は松本保典さんだったよなぁ。だからでは無いが、素還真の声は子安さんではなく私はこの方が希望なのであった。
話がズレた(汗)。

ささきいさおさんの『風の会話』のマキシが出た。欲しい〜〜〜。たぶんTVが液晶になってモノラルだった音がステレオになったので臨場感があっていいのかも。

さて、寝るス。
| [有趣]三国志comments(0) | by  よるのかに