kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS
国内初の百済之青銅菩薩立像が出土!
讀賣新聞(西部)の一面に小室哲哉氏のニュースと共に並んでいた(--)のが何とも……ですが、熊本県山鹿市・菊池市の鞠智城跡(貯水池遺溝北端深さ1.5mの地中)で“国内初の百済の青銅菩薩立像が出土!”と載っていて驚きました。ローカルネタ?とは思ったけど(ネットでは全くこのニュースは見当たらないんだけど、何故だ〜〜〜!)、夏に素殿と出掛けて写真を撮って来たところじゃないですかぁ〜〜〜!アップしているものは防人の兵舎を撮ったものですが、あの城跡から出土したんですよね。百済の技術が用いられた築城の裏付けになったという出土なので、凄い。
新聞には11月9日(日)の9:30〜17:15に鞠智城跡で公開されると書いてあるのだけど、一般の公開なのか?………もしかしたら公園の横にある温故創生館で見れるのかもしれないですね〜。興味のある方は、直接電話で問い合わせてみて下さい。
●歴史公園鞠智城

九州は朝鮮半島に近いので、やはり大昔の伝説や面白い話しが残っているものや海を渡って来た人達の話しなども結構浪漫溢れるものも多くて面白いかもな〜。
晴れたら佐賀県の吉野ヶ里歴史公園へ行きたいけど、九年庵に近いので行く時に、一度寄ってみたいな。古代人の住居=素殿が似合いそうだけど(笑)。
●吉野ヶ里歴史公園

ところで、幕末の歴史のお話。
私は幕末から明治初期にかけては特に苦手なので歴史書等もきちんと読んだ事ないんですが、歴史の流れをよく知らないというのは怖い事だなぁとも思ったのでした。
どの時代劇作品も史実を忠実再現して作られているのではないので、色々な形で脚色され、主人公にスポットを当てて描いてある為に主人公の見せ場が多いし叙情豊かだったり好印象で描かれると思うのですが………今回の大河『篤姫』を見て、幕末から明治初期にかけての歴史を少しだけ読んでみようという気持ちになりました。先日山口に行った際にお話を聞いた時「幕末の混沌としている中で坂本龍馬が中心に切り開いたようにいわれていますが、私は地元の人間という事もあるけれど、高杉晋作こそが尽力したと思います」という話しを聞いた時に、私自身もそこに住んでいたら同じように思うだろうなぁと思いました。色々な説や意見があると知っていても好きだったり尊敬する人物は欲目で見てしまう傾向は強いと思うのです。私は自分の中で尊敬出来る人が居るという事自体素敵な事だと思っています。でも偉人の教えや業績は素晴らしいとは思いますが、世の中のどの人が欠けても今は有り得ないと思うのです。脈々と受け継がれている命は、今生きているひとりひとりの祖先が生きて来たから自分が今ここに居るんですよね……。何時も忘れている事を、ふと思い出す感じで申し訳ないけど(--;)。

そういえば、たまたま見ていた陰徳線って何ぞや?でネットの手相を見つつ、結構手相で多くの人が持っているという神秘十字線は私にもあるよなー。直感が働く・信心深い・先祖から守られているというんだけど……うーーーん、どうなんでしょう?先祖に守られているという実感を感じた事がないんだけど(--)。スマンです、ご先祖様。
気がついたら右手だけだったますかけ線が左も微妙に進化して、どう見ても両方ますかけぽくなっている今日この頃。百握りの手相と言われているけど、きっとそれってないな〜(笑)。
陰徳線から話しがズレて行き、徳に陰徳と陽徳があるって初めて知りました(^^;)。そういわれればそうだと分かるのですが、正直なところ、うわーーーっと驚きました。凄く大切な事だなぁと勉強になりました。
| [四方山]ろーかるcomments(0) | by  よるのかに
留言







*現在スパム対策のため、認証制になっています。
<< NEW | TOP | OLD>>