kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS
微妙なモノ
WordPressのレッスン(笑)は進んでいる。
本の通りにちまちまやっていたら余りにも典型的なブログなデザインなので、ところどころ勝手に作り替えている。一部書いてある通りに打ち込んで時間をかけてあれこれとやってみても上手く出来ないので、とうとう勝手にいじって変更してしまった(--)。
面倒〜〜〜。でも勉強勉強(笑)。という事で、ヘッダー・記事 ・ページ・リンク・フッターまでの表示がきちんと出来上がった。
ぱっと見た目はサイトの形になっているが、これでは全然機能も何もかも使えないのでまだまだ試練は続く……(笑)。
ぽぽの小さい頃の写真を使っているので、カワユス♪

ところで、人形や石には霊とか魂とか微妙なモノが入り易いという話……以前から知っては居たし、だから怖いと思った事多々だし、私も果たして中に入っているモノが何なのか?はよく分からないし説明出来ないのだが、素殿は台湾から連れて戻る際既に魂というようなものは入っていたし(笑)、かんちゃんも青陽も写真を見る限り既に魂が入っていたのではないかと思うので、何かしら感じるものがあった(と私は思っている)。
仏像は供養などで魂を入れるわけだが、そうなると作った時点で仏像の中に魂は無いという事なのだろうか?ちょっとその件に関しての興味深い本を見つけたので図書館にあるかなぁと思ったら、あるじゃん!買おうかなぁと思っていた所だったので、借りに行こう♪
私的には彫られて出来上がった頃にはその仏像には仏像の生というものと魂が発生していると信じたい。何故かというと……仏像にも個性があり環境によって仏像も変化してゆくと思うから。
魂を入れるという事は仏像として人から拝まれる対象となる為に仏像の力の源を付ける?浄化する儀式なのかなぁと思いつつ。だから魂を抜く儀式を行うからといって仏像にある個性的な魂そのものが抜けてただの彫り物というのとは何となく違う気がしてならないのよね〜。そもそもが真面目な仏像もおいでならば、思いっきりお茶目な仏像もおいでだと思うのだけど……。
こういう事って特別にあれこれと考えなくてもいいといえばいい事(^^;)。何となくそこら辺の事って全く不必要とは言えない気がする。
そうでなかったら、素殿の中に8年近くも入っているモノは何なのだろう。私の家に80cmの人形が3体も居る事自体がそもそも不思議。木偶が拝まれる対象だったら魂を入れなければいけなかったのだろうが、木偶は人形劇の人形なのであった。でもどちらも人が彫ったものである事は確か。

で、中途半端だけど……そろそろ寝るす〜。
| [霹靂布袋戲]人形comments(0) | by  よるのかに
留言







*現在スパム対策のため、認証制になっています。
<< NEW | TOP | OLD>>