kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS
京都妙心寺 禅の至宝と九州・琉球
昨日は母親とショッピングモールに出掛けて……ただ単にスタバのコーヒーが飲みたかったのだが、ウロウロしていて黒の財布購入。男物だけど(笑)。昔友達からプレゼントしてもらった財布が男物で(笑)、それがもの凄く使い易かったので以来ずっと……。
今度の財布はポケットが少なめでカードが多数入らないが、小銭が沢山入る。まだ慣れていなくて何となく出した際にぎこちないけど(笑)。
もうひとつ冬用のジャケットを購入。ホントは春用のジャケットでいいのがあったので買おうとしたらフードが付いていたので買うのを断念。服買う予定ではなかったのに(汗)。その後スタバに行ってスターバックスラテのホットを注文して駐車場に戻って飲みつつ近くにあるびっくり市へ。
母親は何時もの甘栗と父親用の本マグロの寿司の5かん入パックを購入。私は肉まんとねぎたこ焼を買って車の中で昼食。
食べ終わって小竹の方へ回りジャーマンベーカリーでチョコの付いたシュークリームを買って帰った。家で早速シュークリームを食べてみる。おお!ウマい!カスタードクリームがもの凄く入っているのではむっとしたらクリームが横からはみ出す(笑)。ただ小麦粉の味が濃厚で私には粉っぽい印象の方が強い。クリームよりもシュー生地が変わってていい。でも1個¥167だったかな?は私には高価。近くのアウトレットの¥70のエクレアの方が私は好きかも。シュー生地は完全に負けてるけど(笑)。

ぽぽの散歩後、太宰府の九州国立博物館に『京都妙心寺 禅の至宝と九州・琉球』という展覧会をひとりで見に行った。どうしても国宝の兄弟鐘は見らねば!と(笑)。
私の見た時は「花卉図屏風」が展示されていたが、後期は「龍虎図屏風」になるらしい。
今まで知らなかったが日本で最初に作られた禅寺は福岡市の聖福寺。楽しい禅画で有名な仙僂気鵑論司〇のご住職だったんだなー。1回色々見てみたいと思っていたが、「鶴亀図」という屏風を見る事が出来た。
天神様の絵も幾つかあったがちょい怖い顔もあって私のイメージの道真公とは違うかもしれない。
最南端石垣島の禅寺に安置されている「金剛力士立像」はさすが琉球という南国の土地だからだろうか、凛々しいがカラフルな印象が残った。
豊臣秀吉が息子に与えた玩具の屋形船も珍しかったかな。
出口付近では「妙心寺鐘・観世音寺鐘」鳴鐘会模様の映像も流れていて、兄弟鐘の音がTV越しだが聞く事が出来る。これはなかなか見れない、聴けないと思うので、しばらく座って聴く事をおススメする。私の耳が確かなら、観世音寺の銅鐘の方が少し音が高い?と感じたが、どうだろう。

その後4Fの平常展示を覗いたが、『お姫様の婚礼道具』はきらびやかで豪華!更にぽつんぽつん……と端っこにじみ〜〜〜に置いてあったのだが、『国宝 初音の調度』徳川美術館所蔵の豪華な蒔絵はしばらく見とれる程。さすが国宝だけあって『お姫様の婚礼道具』よりスゴい……。
後はウロウロして埴輪と火焔土器を堪能し、「装飾古墳バーチャルシアター」で福岡県の王塚古墳と熊本県の千金甲古墳の3D映像がリアルに流れている。
トピック展示の「はにわが絵本になっちゃった」もよかった。九博の絵本で使った粘土人形などが展示してあり、その細かな作りにおお!と喜んでしまった。いいなぁ、埴輪を私も作ってみたい気分になる。実際に大きな馬の埴輪も展示されている。
この階にはどーも時折展示品のパンフがあるようだが配ってはいない。4Fの案内所に尋ねると無料で貰う事が出来る。『国宝 初音の調度』のパンフはとってもステキ!
1Fのエントランスホールでは九州各地のひいなのまつり(雛祭)の案内や各地の雛人形が飾ってあった。ここ数年各地でひいなのまつりをやっているところも増え各地で色々なイベントも行われ、現在『ひなの国九州フェスタ2010』があっている模様。
各地のパンフももらって来たので、これからゆっくり開いてみようと思う。3月はひいなのまつりに行こうかなぁ〜。
今日は時間をかけて博物館を堪能したので、もうすっかりと空は夕焼けぽくなっていた。

帰りに太宰府天満宮に寄った。スゴく人が多くて参拝者も列を作って並んでいたので私も並んでお参りした。隣では飛梅がほころび始めていた。
という事で、でかい画像を載せるので、ぽちっとな!でこれから咲き始める飛梅を是非ご覧下され!↓↓↓

飛梅
つい、みくじを引いてしまった。よく見たら去年秋?だったかに引いた2番と全く同じ。かなり驚いた。みくじに深い意味はないと思う。自分的にはお遊び感覚。でも和歌は非常に好きだ。
月の光が海の底さえも映すように清い心は必ず照らされる時が来る……みたいな意味ではなかったろうか?アヤシいが(汗)。“誠の心”を貫く生き方だよな。考えたらこうも身近に手本となる御仁がいるのだよなー。

みくじ
写真を撮ってから参道の方へ回ってみると、ココもスゴい人だかり。
太宰府天満宮参道
梅ヶ枝餅は買わず、いつもの「さいふまめや」に寄って黒糖そら豆と色々入ったビーンズ(こっちもそら豆やん!)を買って帰路に。
結局帰りにたい焼は買わないまま……。帰宅したら直ぐ晩ご飯だったので、ウチの母親の水炊きを……。こんにゃくが2色とか豚肉(豚肉なのだ)?とか下に敷いているのは新聞紙?とか鍋は私が一人暮らしの時に使っていたヤツとか箸でつまんでいるのは父親とか微妙なツッコミトコロは感じるが……ウマかとです。湯気を写す技術もなか(無い)とです。

水炊き1
水炊き2
| [ぷち旅]博物館・美術館comments(0) | by  よるのかに
留言







*現在スパム対策のため、認証制になっています。
<< NEW | TOP | OLD>>