kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS
変貌と誠実
最近シンクロニシティもどきみたいな事があった。私のシンクロニシティもどきはしばらくあれこれ考えている時、どうしようと思っている事の助言らしきものがTVとか本とか音楽等で何気なく重なる事だ。1回目で「ふうむ」と思っているが、2回目は「きっとこれ見えない何かが教えてくれているんだろうなぁ」と感じる。今回は先日の『江』の豊臣秀長のセリフと『紳介プロデュース大作戦!』の紳介さんの言葉だった。『紳介プロデュース…』はたまたま2時間スペシャルのラスト30分を見ていた時だった。

それは私が「一言余計だったろうか……」と妙に罪悪感を感じていた事だ。言うべき言葉は言うべきなのよね、きっと。相手の事を思うならばだが。
ただし、私が相手の事を真剣に考え思ってキツい一言をあえて言ったとしても、受け取る側がその言葉をどういう形で受け止めるかで状況は変わる。『江』の物語で豊臣秀吉は切腹を命じていた。それだけ言った側にはそれなりの覚悟や勇気も必要なんだがな。
以前から比べたら、私は言い方やらその人の性格を配慮して言うようになったと思うし、鋭い切口で言い続けるような事はしなくなったつもりなんだが……。

人間って自分を取り巻く環境が変わると性格もあれよあれよと変貌してゆく。それは避けられぬ当然の事だと思う。興味だって好みだって口調も考え方もあれこれと信じられぬ早さで変貌して行く。自分が守るべき順番で態度も豹変出来る。
つい最近私自身「変わったねぇ」と人から言われたばかりだった。それは良い意味で。そういう風に見て言ってもらえるというのは有難い事だ。プラスに変われているのだなぁという大きな自信につながる。毎日をシャカリキに頑張り続けて身体壊しても切ないだけだと2回も大病をやった私は切実に思う。
減り張りつけて誠実に生きたらよさげだがな。頑張る事は大切だが、誠実な生き方をしたいと、私は思うな。その私の思いを人に押付ける気はないけど、分かって欲しいとは思うんだが、私は私でしかなくて、人によって視点が全く違う。

話しを変えよう。
父親が買った5つ程のサボテンの話し。母親のモノではないため買って数年来花をつけた事が無かった(これを放置と言う)。ふと2ヶ月程前……玄関の掃除をしている際にサボテンを見たらチクリンではないか!!!全然気付いていなかった。サボテンの商品名だが、サボテンは人間の言葉が分かるらしい事が札に書いてあるのだ。以前このチクリンを買ってMacの傍で見事に枯らした事のある私は(汗)、玄関に置いてあったサボテンに花を咲かせてくれるようたまに話しかける事にした。で、先日3つのサボテンが花を咲かせたのだった。黄色とピンクと大きな赤の花をつけた。毎日「キレイだね」と褒めた。黄色の花を咲かせたサボテンは特に沢山の花を見せてくれた。咲き終わったら来年も咲いてくれるようにお願いした。
たまたま今年は咲いたのかもしれんが……私は話しかけてみたからだと信じたい。母親のコマメさで花が生き生きと咲いているのを見ていたら、そういう不思議もあるのかも、と思えて来る。
なので、蓮もやはり声をかけたら違うかもと思い、たま〜に話しかけている(笑)。

植物は誠実だと思う。
人間同士が植物のように100%誠実に生きるのは無理だと思うが、近づける努力はしたいと思う。
| [四方山]気持ちのコトcomments(0) | by  よるのかに
留言







*現在スパム対策のため、認証制になっています。
<< NEW | TOP | OLD>>