kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS
国宝大神社展
今日は特別展『国宝大神社展』に言って来ました。そう人は居ないだろうと思っていたら…駐車場がほぼ満車(汗)。かろうじて車を駐車出来ましたが、博物館内も大賑わいでドシエー!
私はココまで車で40分程なので起源が切れていたから1年間有効のパスポートを購入(¥3,000)。九州国立博物館は特別展を6回(同じ展覧会を2回3回は見れない)まで。最近の展覧会は当日だと¥1,500ですので、何回も足を運べる人にはこっちの方が断然お得です。
 
展覧会は、馬具であるあぶみ(日本では足を乗っけるのは元々はあぶみだそうです)……国宝の金銅製壺鐙がありました。レプリカもたまに見るんですが久し振りに本物でした(笑)。鏡はやはりいいですね〜。中国・三国志時代といってももうホント終りかけている頃だと思いますがその頃呉で作られた鏡もありました。ロマンっすねぇ〜。
展示されていた神様はその時代の服装をしているのですが平安時代の姿が多かった様な気がします。私的にはやはり古墳時代の(埴輪な姿の)角髪の神様像を思い描いているんですけど。古事記や日本書紀を元に描いてあるため、私達が目にする姿というのが古墳時代の姿というだけかもしれませんね〜。
木造も多数ありましたが、とても大きな女神像が……もの凄くギリッと睨まれて恐かったです(汗)。私の気のせいならいいんですが(汗)違うよなぁ、怒っていたよなぁ。展覧会に飾られる仏像等は御霊抜きを行なってから展示されるようなんですけど、私は不可思議な体験が何回もあるので、本当の所はどうなのよ?と思ってみたりします。
まぁフツー「恐い目でにらまれた、木像に」と人に話したらおかしな人で片付けられるでしょうねぇ〜遠い目。今回の展覧会に母親を誘いましたが過去に九州の仏像の展覧会を見た際強烈に気分が悪くなった経験のせいで「自分が足を運んで拝むのはいいけど、展示されているのはやっぱりね」と拒否されたのでありました。
よく考えてみると、九州国立博物館での体験はにらまれる事はあっても気分が悪くなる事はなかったように思うんです。福岡市博物館で気分が悪くなった事は何回かあるので、この違い……興味深いです。
文化交流展示には埴輪・石人・土偶・土器があるので楽しみなのです。九州国立博物館に足を運ぶのは色々とよい勉強になります。
展覧回を見終わってから太宰府天満宮の方へ下りて、梅が五分咲き程でしたが写真をしばらく撮っておりました。
ちょっと梅の花の写真がほしかったので。本殿まで行きましたが……長蛇の列で……私は横でさっとお参りして終りました。飛梅は満開でした!!!
後で思い出しましたが、裏手にある天開稲荷社一度行ってみたいと思ってて忘れてました(汗)。ここパワースポットらしいです。ただ、私の場合は沢山の人が訪れるというパワースポットに行っても?という感じで何も感じない事がよくあるので、人とちょっと違うのかも。
たぶんそれぞれに合うパワースポットというのがあるんじゃないかなぁとは思うのですが、パワースポットと呼ばれるからと言っても私のように何か感じたくても何にも感じれない人間も居るようだし(汗)……縁があればたぶん、応えてくれる何かは誰にもあるように思います。自分の求める場所を探す旅というのなら違うかもしれませんね。
にらまれているのは感じるのに、パワースポットでは何にも感じないというのはナゾ。
参道の方に出てみたらビックリする程に人が溢れて賑わってました。今の時期は受験シーズンだしなぁ。でも18〜22歳辺りの男女のグループが多かった事。その時々によってこの天満宮に集まる人の波が全然違うのも面白いですね。1年で一番賑わうこの時期を外したら、あとはのんびり〜な感じなんでしょうけど。
| [ぷち旅]博物館・美術館comments(0) | by  よるのかに
留言







*現在スパム対策のため、認証制になっています。
<< NEW | TOP | OLD>>