kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS
法隆寺展と岩佐又兵衛36×2
今日は友と福岡市立美術館に法隆寺展を見に行きました。
まぁ、何というか……感想はビミョー。直に寺で出向いて拝観した方が断然いいかなぁという感じです。
一つは時代的に仏像の容姿が私好みではない……から(汗)。仏教が入って来たばかりの時代なので、まだ日本独特ではなく影響が強いというコトです。数もスゴく少なかったしですねぇ。
その後、古美術企画展示室で「岩佐又兵衛36×2」という展示が行なわれていたので入ってみる事に。2つの「三十六歌仙絵」というものでした。36枚……『後拾遺和歌集』の序文に記された36人と、『新古今和歌集』を代表する36人の絵です。

『後拾遺和歌集』の36枚は作者青年期に描いたもので、喜怒哀楽やら味のある表情等……1枚1枚に個性ある歌仙の絵でとてもよかったのでしばらく見入っておりました。『新古今和歌集』の36枚は、作者老年期に描いた絵でしたが、雰囲気が全く違っていました。
あとから何気なく岩佐又兵衛さんの説明を読んでいて驚いたのは、浮世絵の祖と呼ばれている人物であり、今日の『軍師官兵衛』で有岡城主の荒木村重が城を逃げ出しため、奥方であるだしが城を抜け出させ乳母に託し乳飲み子……その人が岩佐又兵衛だというコトです。一応この説明は美術館のパンフに書いてあることで、大河等は脚色されているコトもあって本当のところだしさんの息子だったかどうかハッキリしないような気もしますが……でも、岩佐又兵衛さんの絵を見た後に放映でそのシーンを見るとは夢にも思ってなかったので、不思議な感じでした。

絵を見ながら「竹中半兵衛の子?」と訳の分からん話を友がするので、「文ちゃんと読まんかい(怒)どこに半兵衛の名前がある?」と言いつつ、外に出ても話が全然通じないと思ったら『軍師官兵衛』を全く見ていないというので「福岡県人なら地元の人間の物語くらい見らんかい!!!」と言いました。彼女は私より母里太兵衛のお墓のあるお寺が近いのです。
歴史……私より詳しいハズだったのに……。
詳細を知ろうというコトではなく、こういう(スゴイ)人が福岡に住んでいたんだ……と心に感じるというのは浪漫だと思うんですが。私がそう思うだけで、人に押し付けられないけど(汗)、でもこの感覚というのは、別に郷土愛ではなく分かる人は分かると思います。こういう人が実際に近くに居たんだなぁ……というコトが心の支えになるように思うのです。

そろそろ寝ないとヤバいので……この辺で終わろう(汗)。
| [ぷち旅]博物館・美術館comments(0) | by  よるのかに
留言







*現在スパム対策のため、認証制になっています。
<< NEW | TOP | OLD>>