今日は無理矢理「焼肉が食べたいから連れて行け!」と言われ、人気の焼肉屋に行きました。
止めといた方がいいと何回も言うのに、どうしても食べたかったらしいです(==)。
胃がイタかったので私は石焼ビビンバを注文したんですけど、そもそも脂だらけの肉を食べたくなく他に食べる物がなくて仕方なく注文したんですけど、ビビンバも全然好きじゃなくて。やはりごま油がキツく、余計に胃痛が。ごめんなさい、韓国料理とても苦手です。
明日私でかけるんだけど〜〜〜と思いつつ。

肉が来て焼いて食べていましたが、余りの脂ギトギトにいくつか食べてみるも食べれなくて、父親はとうとうご飯も食べれずダウン。
胸を患っているので薬の量がすごい為味覚が余り感じられないようです。鼻がもの凄く効くようで何に匂いがダイレクトに感じるらしく、何を臭っても気持ち悪い模様……。
医師に相談しても薬を飲む以上はどうしようもないというらしいのですが、果たしてそれだけなのだろうか?
自分の父親ながらに感じるのは、感謝を全くしない人で、自分の立場がまずくなったりやりたくないと人におっかぶせて逃げ、なのに外面だけは良くいい顔をし、母親には言いたい放題で「バカ、アホ」等と言葉の暴力を浴びせるのです。本人は冗談と言うけど、冗談には思えないです。私は父親だろうと筋の通らない事はとことん言うので時折喧嘩してますが、母親が何か返すと私の居ないところで何倍も罵声を浴びせているようなので、
母親は自分さえ我慢すればと諦めて従っています。だから余計外に連れ出すんですが、出たら出たで「又2人で出かける」と嫌味を言ったり。出かけるにも体力がないから行く気力無いようなんですけどね。
こういう感じだから……完全に自分に還って来ているのだろうなぁ(==)。冷静にそう思います。
過去に書いた「還る」話は父親だけの事ではないんですが、もう少し感謝する事を実践したら何かの形で救われるだろうになぁと思うので何回も言っているのだけど、そもそも感謝を全くしない性格で何でも自分中心で当然!なので理解出来ないんだろうなぁ(==)。父方はそういうわがままな人たちが多いし(12人兄弟で半分以上亡くなってますが)、自分にもその血が混じっているかと思うとかなりどんよりな気分です……ホント。先日書いた遺伝子情報はどうあがいても変更しようがなくてどうしようもないので、私は残りの%を大切にしたいです。


結局……肉2皿、焼野菜1皿、ご飯小2つ、石焼ビビンバ1つでお店を出ましたね(笑)。焼肉屋ってコテコテの脂ギトギトな肉しかないから私には無理だね〜。たぶん、私の人生の中で今度焼肉屋に行く事ってないだろうな……と思いました。

肉が苦手という事ではなく、私は基本的に脂のほとんど無い部位が好きだし、脂は悪玉コレステロールを上昇させるだけのものだと思っているので、健康オタクとしては避けたい食べ物です。悪玉コレステロールが標準ならここまで意識しながら食べなかっただろうなぁ。出来るなら鶏肉も皮や脂はすべてきれいに取除きたいのですが、鶏の皮は目に良いコラーゲンを含んでいるので食べています。
考え方によっては、悪玉コレステロールが標準より高めなので意識して食べ物を食べる事が出来ています。食べる時に意識するので太らずにすむという利点もあるかも。

皆、肉好きだよなぁ。
タンパク質は大豆で摂れるんだけどな〜(笑)。大豆も過剰摂取はまずいみたいですが、その場合サプリで摂るのが考えものかも?

まぁなぁ……困った時の神頼みでも仏頼みでも、叶えてもらえる時は叶えてもらえるかもしれませんけど、縁を大切にして信じるという事がひとつの救いになる事があるように思います。困った時だけではなく、自分を変えていく原動力になるんじゃないかなぁ。

さて〜寝るぞー!