kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS

今日は残業で7時ほどに帰ってきて即、奥見てごらん!というので見たら大きなフラワーアレンジメントが!!!

え???と驚いたら動物病院の先生から届いた花でした。

すごいなぁポポ!!!行きつけの先生から花をもらえるとか!!!人間でもそういうことはなかなかないんじゃないかなぁ。

昨日行った時に「力及ばず……」と言っていたので、すごく責任を感じたのかもしれませんが。

先生自体は、完治する病気ではないけど食事療法で命を延ばせるという実経験があったらしいので、ポポの状態を見て改善すると信じていたからこその治療だったんでしょう。しかしそれ以上に病気が進行していて回復しなかったということですなぁ(==)。

もうしようがないなぁと思うんですが。

実際にかなり痩せ細ってはいたけど、フラフラしながらも歩いていたし起き上がろうとした力がかなり強買ったので、まさか……と思っていたと思う。

乳腺にできた腫瘍も、手術の麻酔は良くないから手術はやめておこうということで経過観察になったわけですが、診察してもお金は取らないといつも言ってくれていたし、治療もお金がかからないようにとものすごく気遣ってくれたんですよね。ペットの治療は保険がないぶん毎回高額になるから。

先生とも接点がなくなりますなぁ。

もうペット飼わないからなぁ。

 

ところで、母親に斎場に行ってもらいました。

人間の時とほとんど一緒だったそうです。

骨壷に足とか手とか胸とか……最後にのどぼとけ。

中にいっぱいお骨が置いてあったそうなので、頼む人多いんやね〜と言っておりました。

小さなピンクのカバーに入った骨壷です。

 

ポポの具合が悪くなった時、母親からまだ生きているのに「火葬はどこに頼むのか」と言われて、なんで生きているうちからそんなこと決めとかなきゃいけないのかと文句を言ったんで、母親は早く決めておきたくてずっと文句を言っておりました。

しかし……父親が入院してすぐのことですが、父親が寝ているそばで主治医の先生が「もう助からない」ということを私に言っているのをじかに耳にして当人相当ショックだったんですな。主治医も寝ているし聞こえないだろうと思っていたので聞いてショックを受けているのを見て慌てたけど……やっぱり話すとき配慮は必要です。

犬であろうとも、勘で察知されたら切ないじゃありませんか。

と母親に昨日話したらやっと私の気持ちが伝わったみたい。

母親的にはその時になって慌てるのは嫌だから準備だけ……という理由のようでした。

 

ともかくも無事に終わって、寂しい生活がスタートですなぁ。

ポポがいないと家の中ががらんとしているし、寝る前におしっこに連れて行くこともなくなって……気が抜けますなぁ(笑)。

慣れたら……慣れるんでしょうな(笑)。

とにかく毎日が犬を中心の生活だったので……そのせいかも。

 

さて、そろそろ寝るかな〜〜〜。

 

 

 

 

| [四方山]フツ〜な日記comments(0) | by  よるのかに
留言







*現在スパム対策のため、認証制になっています。
<< NEW | TOP | OLD>>