kani3594的Twitter


よるのかにの四方山話的日記!
最近単なるにっき化。石の話題多しです。木偶さん等は元気です(笑)。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  ARCHIVE  CATEGORY  BLOG PARTS
LINK  BOOKMARK  PROFILE  QR  MUSIC  OTHERS
木偶についての長い話し。
今日はお客さんのやっている展示会へ行った。私が作った物を見かけると、何とも言えない気分だ(^^;)。
料理教室が行われていたので参加した知人の方の料理をご馳走になり、展示会を見て回って、¥100のキャベツと¥200の長芋と¥500の対馬産のアオサノリを買った。
人がかなり居て凄く賑わっていたな。
家に帰って……日頃の疲れのせいかそのまま爆睡。よく寝た〜。昼寝って気持ちがいいな〜。
久し振りにのほほんと過ごした。

話しはかわり、最近目立っている事。
台湾の木偶店はCMの為にわざわざメールを送って来たりこういう木偶が有ると知らせては来るトコロがあるけど、買わないと分かると知らんぷりで、あからさまだ(笑)。
売り込みは当然(売らないと食ってけないわけだから)なんだけど、売ればよくてサポートに対する話を尋ねても無視というのは余りにも寂しい。「一生面倒見る」と当時偶の木偶店でおじいさんが言っていたけど………そうなんだろうか?
これからも木偶を買い続ける気があるならまだしも………宝くじでも当たらない限りは私には無理な話。買う迄は色々楽しいが、実際に来たら落ち込む。素殿の時も100%満足はしてなかったので、私は他の人とは感覚が違うんだなぁと思う。人形に抵抗はまだまだあるのだ。
一緒に暮らしてお互いに愛着が持てて初めての家族なので、初顔合わせで涙の感動等あり得ないと断言出来る。
皆棚に入れたら動かさなくていいし楽なんだが、1尊も傍に居ないと何となく今迄傍に置いていたのでぽっかり気が抜けてしまうし、素殿だけ出して置いておく事等私にはとても出来ない。結局………3尊並んで私の横に嬉しそうに立っている(--)。
きっとおひな様も仕舞われる時に来年も又出してもらえる日をワクワクしながら眠るんだろうな。以前なら、そんな事等微塵も考えなかったけど。
一緒に暮らし始めたら、愛着が生まれるものなのだな。へなちょこ部分が愛おしいし、可愛く見えるし、ゴミが顔に付いていたってへっちゃらだ(笑)!

今つき合っている木偶店はかんちゃんの目の横の亀裂の事を話したら、自分のところで買ったわけでもない木偶の事をかなり心配して直ぐに何回も相談に乗ってくれたのだった。他の返事は数日平気でほったらかされる事があるのに(笑)。
答えは、現状維持か全部の塗り直し。直接見てみないと分からないが、一度連れておいでという事だった。きっと今くらいなら全体の塗り直しはしない方がいいと言われそうだけど。
思えばココは1度自分のところの素還真木偶も見て!と書いてはあったが、木偶を買って欲しいために写真を見て!と書かれた事が一度もない。頼んだ青陽子の時に私が我が儘言いまくったからだろうか(笑)?。日本人だからという事より、日本の素還真好きと言うのを分かってくれたのは嬉しいと思っている。そういうのが一番嬉しい。
凄くアバウトだし、待たされる事もよくあるけど、私にとっては誠意あるいい人達だと思っている。
何処のお店でも、いいところもあるし困ったところはあるんだろうけど(^^;)。

何処の国に住んでいようと、好意的な人はいるし、好意的ではない人はいると思う。
マイナス方向へのみ受取って考えているつもりはないが、それが私の受けた印象だ。文章だけで相手に気持ちを100%伝える事はかなり難しいから文章だけで判断する事も難しい。ただ、そこに有るニュアンスや言葉の節々にそこはかとなく漂う雰囲気はたぶん隠せない故に重要なのだ。その人の性格も考え方も出てしまう。
どう譲って考えてみたって、そういう言い方はないだろう?や約束を無視されて、それを当然だとは私には思えない。
遠い異国から勇気を出して自分が運命を感じて尋ねた事を向こうがよく理解していないにしても、人の誠意のあるなしはあると思うのだ。お互いが利用ではなく活用出来てこそ初めて今迄になかった気持ちも生まれると思ったりする。

何回も書いたが、人形は接すると心が生まれて、オーナーの影響を受けて育っていく気がしている。
私は木偶を一生を通じての友……テディベアのように感じている。
木偶は人形であって人ではないという事も十分認識している。
「人形を相手にした凄く寂しい人」とまともに言われた事が有るが、それも間違いではないだろうし、そう見えても仕方が無いとは思っているが、自分の愛すべきモノが直ぐ傍にいるだけで楽しいのだから、心は満たされて微塵も寂しくない事を分からない人に理解して欲しいとは思っていない。私を理解してくれる人は既に居るから……だけど。
昔の方が寂しい部分を持っていた。寂しい気持ちを抱く事は別に恥ずかしい事ではないと私は思うが、やはりそれをあからさまに他人に指摘されると内面迄見透かされるようで、あえて望む人は居ないだろう。私もその時はそう思っていた。
毎日ひとりで夜中迄残業など、仕事も大変だった。結婚もしたくはないが心に引っかかっていた。表には出さないので、いつの間にか仏像に会いに癒されに行く事だけが救いになっていた。
グチグチ言う事自体が好きではないし、その頃の気持ちを誰かに本当に分かって欲しいとは思わなかった。信用していないという事ではなくて、話された方が返答に困るからだ。誰にも大変な事を抱えていたりする。
誰でもそういう事がずっとではないししろ、あるかもしれない。
もし心の元気が出ない時は自分の心が癒されるモノを見つけた方がいい。きっと元気も又回復する事が来るようにも思う。愛情を籠めれば守ってくれるだろう。
私は3尊から癒され続けている。それはお互いに温かい気を送れるように毎日を過ごしたいと思っているからだ。
今だから、私は色々な人達が守りたいと思うものの為に生きている事が糧になっている事や立場が分かる。本当の意味での家族の大切さも考える。見直すきっかけをくれたのは素殿達だ。私はつい最近人形から学んだのだ。

素殿と青陽は自分で納得した空頭(髪が付いていない剥げたもの)で作る事が出来た木偶だ。青陽を作ったトコだけが、納得する迄空頭を見せて気に入ったもので作っていいよ、と言ってくれた。さすがに見た事も会った事も無い初めて注文する異国の人間だからお金は最初に払ってねと言われたが。で、1回目で決まった(笑)。面倒くさい事をあえてやってくれたお店だったのだ。出来は衣裳は上手い(^^;)。髪は下手っと素直に言っちゃったけど。
つい先日気がついたが、青陽の衣裳はメチャクチャに凝っている。
中に着ている服の上からジッパーが付いていて、ウエストは締める為にテープで取り外しが簡単に可能。素殿の衣裳は完璧に見えないところは手抜きもいいところになっているのに………この雲泥の差。一体何の為だ???脱がせる為か(爆笑)?聖石傅説の服ってこうなっていたのだろうか?

初公開で(笑)去年初めて送ってもらった時の青陽の空頭写真を載せる。


既に白い毛を埋め込む為に穴が開けられている。萬里征途版で作られる途中で急遽私に見初められて聖石傅説版になっちゃったんだろう。だからきっと心構えは今でも道主様なのかもな。
空頭にこだわった割に、実際髪の毛が付けられた顔と空頭だけでは出来上がりのイメージがわかないので判断するのはとっても難しかったりする。この空頭に自分で髪を書き足してみたが、笑える画像になっただけだった。運を天に任せるしかないね……。気に入ったり、惹かれるものがあったら、それが縁なのかも。
この顔を初めて見て2尊の素還真木偶を見たら、2人がより目に見えて笑えたけど、今もやはり笑える。空頭だと相当に凛々しいと思っていたんだが………相当ににこやかな青陽だった。還真殿も凛々しかったので素殿が尻に敷かれるのではとかなり心配していたら、実際は素殿の方がうんと性格も溢れ出す気も凛々しかったのだった。

今TVで放映されている『チャングム』を見つめる3尊の感覚は違う。
素殿はミン・ジョンホのように女性は守らなければならないと強く思っている。
還真殿はチャングムとミン・ジョンホのやりとりなどを和やかに微笑みながら見ている。
青陽は「ほほう〜〜〜」と興味ありげ。

らし過ぎて、ウケる。
そう思いながら、3尊を見つめつつしみじみ感じる。

布袋戯人形は決して一人の人の手では出来上がらない。偶頭だけで布袋戯人形とはいえない。
色々な人々が協力して出来上がった人形だから、素晴らしいのだなぁ………と。
| [霹靂布袋戲]人形comments(0) | by  よるのかに
留言







*現在スパム対策のため、認証制になっています。
<< NEW | TOP | OLD>>